母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記

毎日の晩御飯の記録と、出来事の記録。「てんきち母ちゃんちの毎日ごはん1~3」発売中ヽ(´▽`)/「オッサン弁当」の本、出ました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アラアラアラ~~~~~~

2005年10月31日(月)

本日の晩御飯
*ブリ&鯛のアラ大根炊き(全く臭みなしのkamkamちゃんのレシピはこちら)
*保険に作ったほうれん草と豚しゃぶサラダ仕立て
*ヒジキのあれのピザ
*大根の皮とベーコンの炒め物
*義母特製切り干し大根の煮物



昨日の夕方、家で暇を持て余しているであろう義父を夕食に誘う為に電話をしたオット(義母はもう昼からうちへ来ていたので)。
寿司でも取れ!と言っていたらしいが毎度毎度寿司もなんだし・・・と今夜は鍋でもしようや、と電話を切ったらしい。

その後すぐにわたしが買い出しに行き、いつものつくねや鶏もも、豚しゃぶの入った中華風の鍋を作っているとようやくじーじはやってきた。

じーじは毎度のことながら必ず何か手土産を持参する。
昨日スーパーの袋から出てきたのは、みかん1袋とカットフルーツの盛り合わせ(どちらもうちの子供たちが大好きなもの)、もう一つの袋はどうやら魚・・・・お刺身かしら・・・と半ば期待しながら袋を開けてみると、、、、、、、




中から出てきたのはなんとブリのアラと鯛のアラ(ブリのアラのほうにはご丁寧にも「ブリ大根用」と印刷されていた)。





?(゚∇゚ ;)




これは・・・・・・・いったいどのようにしたらよろしいので・・・
まさか鍋の材料に・・・・??????

そぉ~っとばーばに
「お義父さんがこんなん買って来てくれたんですけど・・・・」
と見せに行くと、やはり義母も
え?あぁ~・・・ほんなら明日にでも甘辛く炊きなさい」
とのお返事。



やっぱり・・そうだよね。
鍋に入れなくってもいいよね?!

義母の後ろ盾ももらえたので、安心していつもの鍋を作った。



「俺が買ってきた魚は入れへんのか」

鍋もそろそろ〆ようかという頃。
じーじの一言に凍りつく嫁il||li _| ̄|● il||li



やはり入れようと思って買ってきたのか・・・(;´Д`)ノ

不出来な嫁で相すみません。




ってなわけで今日はアラなわけです。
しかもブリと鯛。
ブリの方はブリ大根にしようかと準備を始めたが、なーちゃんが少し風邪っぽく機嫌が悪くなってきたので時間がなくなってしまい、鯛のアラのほうも一緒に煮てしまうことにした。
(ゴメンネ、kamちゃん)
ブリ大根






ウメ~ウメ~上手に骨をしゃぶって食べながらてんきち、
「今日、パパ遅いん?」



母「なんで」



てんきち「だって、こんなん作ってるからさ~」



母「いるで、パパ」



てんきち「ぜ~ったいパパこれ文句言うやろうな!骨がある!ってヽ(´▽`)/」



そしてそして。
今日はハロウィン。
雰囲気を出そうとかぼちゃでも買って来たかったのだが、ちっちぇーーーえかぼちゃ4分の1個が128円。

納得行かなかったので買わなかった。

何もなしも寂しいかと、アメリカンなチョコチップクッキーを。


チョコチップ

レシピはこちら、Ambiさんの「Soft&Chewy Chocolatechip Cookies 」

でかさに感動してくださいヽ(´▽`)/
美味しいです。


お昼寝

昨日張り切りすぎたのか、今日は一転
「喉が痛いの・・・・・」と1日中無口だったなーちゃん(今日は代休です)。

心で通じ合ってるすぅと、手を繋いだまま寝ていた。



(すぅの手、黒っ・・・・・il||li _| ̄|● il||li )

明日は口腔外科の日なんだけど、たぶんダメだな・・・
小児科に変更だな。


いつもありがとう&今日もクリック宜しく人気blogランキング


こちらでも参加しています→レシピブログ

スポンサーサイト

テーマ:ご飯日記 - ジャンル:日記

  1. 2005/10/31(月) 19:45:04|
  2. 日々のつぶやき
  3. | コメント:12

土曜日の3兄妹

2005年10月29日(土)

本日の晩御飯
*シャクシャクぶーの味噌バター(kamkamちゃんのレシピはこちら
*インゲンの揚げたヤツ(こちらもkamkamちゃんレシピ
*乾燥こんにゃくと大根の皮のきんぴら
*白菜とツナの煮物


薬味万歳

新着で見て惚れて早速。
kamちゃんはホントに薬味使いが上手。
これも白髪ネギにオニオンスライス、さらに大根おろしに青ネギ。
こってりとしたお肉や根菜(大根と蓮根)にとっても合う!!
蓮根のシャクシャクもたまんないね~~~~


乾燥こんにゃく

せっかくの乾燥されたこんにゃくなんだから、せっかくな食べ方もしてみようと、わざと少し固めに戻した乾燥コンニャク。
歯ごたえ、最高かもヽ(´▽`)/
黒胡麻のせいで見た目ちょっぴりカエルのたま○に見えないことも無いのが申し訳ありません(;´Д`)ノ


白菜

たまには煮物も作らなきゃね。





毎週土曜日はやってくる。
土曜日・・・・・・・・それは悪夢のような一日。
今朝はまだ午前中オットが居た為(今朝も昼出勤だったので)そこまでうるさくはなかった。
ただ部屋でサッカーだの相撲だのして奇声をあげる程度だ。
ただドアや壁、天井や窓にビーチボールサッカーをぶち当て、または優しさのかけらも無い相撲を妹相手に本気で挑み、
「兄ちゃんなんか、だいっきらい!!!!!!」
とキーキー言う声が聞こえる程度だil||li _| ̄|● il||li



雨なので図書館にも公園にも行かれず、じっと耐える母。

2分に一度は
「コラ!!!!!!!!」



「うるさい!!!!!!!」



「キーキー言わさない!!!!!!」



「和室で相撲をとるな!!!!!!」



「少しは静かに座りなさい!!!!!」




お昼過ぎからようやく雨があがったので、全員引き連れてショッピングモールへ行くことにした。

最近はいつも平日の午前中に買い物を済ましてしまうことにしている。
もちろん平日の買い物はわたしとすぅの2人だ。
ここ数ヶ月、すぅは買い物の時は絶対に歩きたくないモードなので、必ずベビーカーでの買い物だ。
カゴを持ちつつベビーカーを押すのは大変に辛いところなのだが、すぅがありえない方向にすっ飛んでいくこともなし、お菓子が欲しいだのなんだのかんだのひっくり返ることもなし、お互い非常に有意義な時間が過ごせる。


今日は雨が今にもまた降ってきそうだったこともあり、また母の手先兄さんも一緒だし、ま、いいっか~とベビーカーなしで歩きで出かけた。



なーちゃんと兄さんが一緒だ!!!店内に入る前からMAXのテンションに達してしまったすぅ。
店目掛けて一直線に突っ走ろうとする。
「待ちなさい!!!手を繋いで!!!!走ったらダメ!!!!


てんきち!!!!頼む・・・・・・・」




てんきち、マッハの勢いですぅを追いかける。

捕獲か?!

すぅ、追いかけてきたのが兄さんだと見るが否や拒否。
方向転換して今度は兄さんから逃げる為に走り出す。

てんきち、そうはさせぬとすぅの襟首を鷲掴み。

すぅ、道路にひっくり返って拒否。

ようやく追いついたわたし、泣き叫ぶすぅを担いで店内へ。



店内に入っても悪夢は続く。

エスカレーターに乗るよ!手をつなぎましょうね~!
さっとわたしの右手に掴まり、大人しくしているなーちゃん。

イヤ。エスカレーターの反対方向に走っていくすぅ。

母の手先てんきちに、無理に手を引っ張って連れてこられたのが気に入らなかったすぅ。
エスカレーターに乗りながら小声で暴言を吐く。
「兄ちゃんバーカ!!!兄ちゃん、嫌い。兄ちゃん、あっち行け。」

地獄耳の母さんと兄さんにたちまち両脇から
「ほんならアンタもう家にお帰り!」
「迷子になって泣け!!!!!」
と責め立てられる。



「ふたりとも!やめて♪」ヽ(´▽`)/

なーちゃんは久しぶりに連れてきてもらえたショッピングモールに心躍っていたらしい(しかも2階にはなーちゃんの大好きなおもちゃ売り場もある)。


「ふたりとも」と言われた2人、黙る。
il||li _| ̄|● il||li



2階でもすぅはやりたい放題だったが、下の食料品売り場にやってきてもまさに糸の切れた凧状態。
警察犬のように執拗なてんきちの追跡を振り切り、混雑する通路を爆走する。

試食できると思ったお肉がまだ焼けてないよ、と兄さんに連れ戻されようとした瞬間だったという。


サイレンのような泣き声を上げながら(「兄ちゃんイヤ~~~~~~~ァァァァァァ!!!」たしかにそう聞こえた)、卵売り場にいたわたしの横を、長髪をたてがみの如くなびかせ突っ走って行くすぅが見えた。


わたしには目もくれようとせず、元来た売り場方向(入り口方面の、野菜、果物コーナー付近)へ、まさに全速力で駆け抜けていく後姿il||li _| ̄|● il||li


ど、どこ行くんですか( ̄Д ̄;;
なーちゃんと手を繋いでいたわたし、呆然とその後姿を見送る。


明らかに母と思われる人物の前を素通りし、真っ赤な顔して泣き叫びながらどこかへ走り去っていく小動物女の子。

追いかける歳の離れた兄。


好奇の視線が集まる集まる(;´Д`)ノ

兄さんになだめられ、試食のウインナーを口に入れてもらい、ようやく落ち着いたらしい。
涙と鼻水でぐちゃぐちゃになったすぅ、兄さんに手を引かれてようやく連れてこられた。



教訓:すぅにはベビーカーがまだ必要。
たぶん3歳になるまで。いや、もっとか?( ̄Д ̄;;





明日はなーちゃんの幼稚園の運動会です。
すぅ、大人しく応援できますよう・・・・できますよう・・・・できますよう・・・・・・・できるんだろうかil||li _| ̄|● il||li



頼みの兄さん、明日はサッカーの試合の為なーちゃんの運動会には来られません。

紐だ!!!

明日は紐をつけよう(;´Д`)ノ


いつもありがとう&今日もクリック宜しく人気blogランキング


こちらでも参加しています→レシピブログ




テーマ:ご飯日記 - ジャンル:日記

  1. 2005/10/29(土) 19:47:10|
  2. うちの3人兄妹
  3. | コメント:16

兄妹の中で一番の寂しがり

2005年10月28日(金)

本日の晩御飯
*和風おろしトンカツ 千切りキャベツ
*ほうれん草とチーズのおかかサラダ
ひじきのベーコン炒め
*味噌汁

デザート
@シアワセの黄色いバニラスフレ@



たまにはトンカツソース以外の味で食べるのもなかなか。

「やったーーヽ(´▽`)/
今日トンカツ~~~~~~~?!




・・・・・・・・・・。
ソースちゃうん・・・・・・・・(ーー;)・・・」
明らかに嫌そうなてんきち。





しかし兄さん。
4杯もご飯おかわり。

明日の朝のご飯なくなるからやめてくれ~~~~~(;´Д`)ノ



ほうれん草のサラダ



去年くらいから一番好きなほうれん草の食べ方。
しっかり水に放ち灰汁を取ったほうれん草にチーズとおかか、そして和風ドレッシングにマヨ。
細~い株のまだ若いほうれん草がオススメです。
ほうれん草を生で食べることを教えてくれたkamちゃんに感謝♪






今日は14時に幼稚園が終わってから急遽なーちゃんのお友達の家に行くことになってしまった。
急いでいたので、てんきちに書き置きもせずに出かけてしまった。
兄さんが帰るのは16時前頃。

ま、大丈夫でしょヽ(´▽`)/4年生なんだし。
男の子なんだし。



同じマンションの中だし(って、そんなことはてんきちは知らないんだけど)、鍵も持ってるし適当に宿題をしたり遊びに行ったりまた帰ってきたりしてるだろう。



友人宅では話が弾みなかなか帰ると言い出せずにいたが、しかし17時を過ぎた頃から少し心配になってきた。
外は日も落ち真っ暗だ。
一人でちゃんと宿題やってるかしら。
玄関の鍵、ちゃんと閉めてるかしら。
風邪をひいてまさか熱とか出してないかしら(かなりの溺愛ぶりで・・・ええ、その通りです)


17時15分ごろようやく
「ちょっと兄さんが帰ってるかどうか見てくるわ!」
と、とりあえずまだ遊んでいたなーちゃんとすぅを見てもらって先にお友達の家を後にした。







家の玄関の鍵を開け中に入ると、リビングやダイニング、台所の電気が煌々とついているのがわかった。

そしてありえないほどに大きな音で点けっ放しになっているらしいテレビの音。



「ただいま~ぁ。


てんきち~?悪かったなぁ~・・・。」
リビングへ入っていく。


ソファーには般若のような恐ろしい顔をした兄さん、ゆっくりとこちらを振り返るil||li _| ̄|● il||li



母「あれ?外へ遊びに行ってきたんかぁ?今日は誰かと約束とかしてへんかったんかぁ?」


てんきち「どこにも行けへんやろ!ヾ(*`Д´*)ノ"」


ものすごい剣幕で怒る兄さんにびびる母。
母「な、なんでやねん・・・・・行ったらよかったやん・・・・(汗)」


てんきち「どこ行ってたんや!ヽ(`Д´)ノ
こんな17時にもなって!!!!!!!


外、もう真っ暗やろう!!!!!!!!」


母「あぁ・・・ゴメン。ちょっと遊びに行ってたんやけど・・( ̄Д ̄;;」



ああーーーーーやはり。
てんきちさん、かなりご立腹のご様子il||li _| ̄|● il||li

だんだん暗くなっていく外を眺めながら、次々に部屋の電気をつけまくり、寂しさのあまりテレビの音量をどんどん上げて行っていたらしい(;´Д`)ノ

母「宿題は?終わったんかぁ~?」
(わざと話題を逸らす作戦で行こう)

てんきち「・・・・・・・・・・・・。」


母「ちょっと洗濯物入れてくれないかな」


てんきち「・・・・・・・・・・・・・。」
無言で立ち上がり、ベランダに出て洗濯物を入れるてんきち。




怒ってるぅーーーーーーーーーーーー(;´Д`)ノ




洗濯物を入れ、その後何も言わずに音読カードをわたしに持ってくるとそのまま音読の宿題をしだす。
(ホンマはなーちゃんとすぅをそろそろ迎えに行かなアカンねんけどなー・・・)


気のせいか声が小さい。
声に全く生気が感じられない( ̄Д ̄;;


よし、音読カード、すべて2重丸にしておこう!声の大きさ◎!気持ちを込めて読む◎!姿勢◎!
大サービスだ!(ゴマスリ作戦で行こう)



ようやくてんきちが口を開く。

俺を捨ててみんなでどっか行ってもーたかと思ったわ・・・。
18時になったらパパに電話しようと思ってた・・・・」





┛)"0"(┗ オーマイゴーッド!!
そこまで思いつめていたのか!!!!!!!兄さん!!!!!!



すまなかった・・・・・・・il||li _| ̄|● il||li
今度からは気をつけます。

その後、機嫌を直したてんきち、普段よりも饒舌に今日あった出来事を嬉しげに報告。
寂しかったんだねーーーーよしよし(笑)

バニラスフレ

スチームオーブンにてさらに横に耐熱容器に水をなみなみと張って焼く。
いつもよりもむくむくと膨らんだが、しっとり感はやはり以前のオーブンより少ない。
焼き時間に問題?温度?実験は続く。




昨日のすぅの別アングル。

すぅの寝姿



いつもありがとう&今日もクリック宜しく人気blogランキング


こちらでも参加しています→レシピブログ

テーマ:ご飯日記 - ジャンル:日記

  1. 2005/10/28(金) 19:59:10|
  2. てんきち兄さん
  3. | コメント:21

誰にも話しかけられたくないとき。

2005年10月27日(木)

本日の晩御飯
魚嫌い克服メニュー@鮭とサトイモの落とし焼き レタス添え
小松菜と入り卵の餃子本日は粒コンニャク入り
*レンジでチンしたニンジンとブロッコリーfooaちゃんのドレッシング+マヨで作ったソースを添えて
*味噌汁
*白菜の即席漬け


鮭と里芋

中途半端に残っていて冷凍しておいた鮭の切り身2切れと、これまた中途半端な里芋2個。

辛子醤油で食べます。





昨日のお話です。

お昼に食べたパスタだ。

原因はアレだ。
温泉卵を乗せたのだが、ソレだ!!(たぶん)


食べて1時間少し経ったころからお腹から陽気で軽快な音が聞こえ出す。



ヤバイ・・・・・・il||li _| ̄|● il||li



トイレに座ってみるが思ったような成果もなく、時刻はなーちゃんのお迎えの時間になろうとしている。


まだ大丈夫なんだろう。


特急列車はまだ来ないらしい。



そーっと歩いて幼稚園までくらいなら行けそうだ。


ありがたいことにすぅは熟睡したばかりだったので、今日だけはゴメンよ!とそのまま寝かせてそっと家を出る。

風が少し腹に当たりすぎるようだ・・・・

持っていたショールを腹に当て、腹を大事に温めながら歩くことにする。


ギリギリまでトイレで粘っていたせいか、幼稚園へ着くともう保護者達は園の中に入りわが子の手を繋いで門を出るところだ。


混雑する園庭を冷や汗を流しながらなーちゃんを探すと、なーちゃんは不安げにわたしの姿を探していたようだった。



「おそい!!!!!!!!!!ヾ(*`Д´*)ノ"」

世にも恐ろしい顔で怒られてしまうわたし。


「ごごごごごごごごめんよぉ~・・・。いや、ちょっとかーさんな、お腹痛いねん・・・・・。悪いけど、急いで歩いてくれるか」



「エーーーーーーもう!ヽ(`Д´)ノ
なーちゃん、滑り台したいよぅー」



勘弁してくれil||li _| ̄|● il||li
今日だけはアカンねん・・・・・・・



何も言わず、なーちゃんの手をガバっとひっ捕らえると風のように歩き出す母。


お腹に当てていたショールは今や腰にしっかりと巻きつけ、意味不明な格好で歩くわたし。

「今日ね~ぇ、ヒロクンがねぇ~・・・」

注)ヒロクン=最近出来たなーちゃんの彼(?)
「オイ!な○○!!(呼び捨てだ・・・)」
「は~い♪」
亭主関白のヒロクンだが、実は年少組さんだ( ̄Д ̄;;


わ、悪いけど全然聞いてないです・・・・聞く余裕がないです!
家まであと10m!
安堵感からか、突然腹の中で小規模な爆発が起きたかのような痛みが差し込んでくる。


<(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!!待ってくれ!家の便所!
このときこそ我が家のトイレが愛おしく思えた瞬間はないだろう。
あぶら汗をにじませながらエレベーターに乗り込むが、誰も乗っていないのをいいことに座り込む母。

「母さん、大丈夫~?」



「・・・・・・・・・・・・くっ・・・・!!!!!」
もはや声も出ない( ̄Д ̄;;

玄関を開け、靴を脱ぐのももどかしく、トイレへ直行。



イタタタタタタタタタタタ・・・・・・・ほんまに痛い・・・・

これは長期戦になりそうだ。

陣痛より痛い・・・・わたしゃ生理痛とこの下痢痛がわたしにとって人生で最大の痛みだと思っている。


トイレに座った瞬間だった。



ピーーーーーンポーーーーーーーーーーン
ピーーーーーンポーーーーーーーーーーン


(しかも1階のオートロックの自動ドアの前じゃなく、まさに自宅玄関ドアの前に居る音の鳴り方)

まだ玄関で靴も脱いでいなかったなーちゃんがドアを開けようかどうしようかと迷っているのが分かった。



「出なくっていい!出なくっていいから!なーちゃん!」
慌ててトイレから叫ぶ。




しかしドアの外の見知らぬ客人は何故か諦めようとしない。


ピーンポーーーーーーーーーーーーーーーン
ピーンポーーーーーーーーーーーーーーーン







居ませんよ。留守ですから。







ピーーンポーーーーーーーーーーーーーーーン
ピーーンポーーーーーーーーーーーーーーーン






出ませんよ。留守ですから。








ピーーーンポーーーーーーーーーーーーーーーン
ピーーーンポーーーーーーーーーーーーーーーン







il||li _| ̄|● il||li まだ居たのかよ!!!!

ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと待ってくれよぅーーーーー!
なんて諦めの悪い客人だ!
ちくしょうめ!!!!!

絶対にわたしが家に居ることを知って、ピンポンを鳴らし続けているに違いない。
わたしがさきほど帰ってきたのをどこかから眺めていたに違いない。
誰だろう・・・・もしや同じマンションのなーちゃんの幼稚園のお友達かしら。
それとも近くまでいらしたというお姑さんのお姉さんたち。




う゛う゛。

無理にジーパンを履き、トイレから出る。


不安そうな顔で玄関に立ち尽くしているなーちゃん。


怒りに燃えながら玄関を開ける。
どこのどいつだ!!!!!!!!
ピンポン連打しやがるのは!!!!!!!







「こんにちは!よ○○り新聞です~♪新聞代を頂きに・・・・」





新聞代かよil||li _| ̄|● il||li



いつも25日ピッタリに来るおばちゃんだよil||li _| ̄|● il||li



たぶん前日の25日にも来たんだろう。
その日は子供を全員引き連れて眼科へ行ってたから留守で徴収ができなかったんだろう。

だからってそんなに(;´Д`)ノ
そんなに鳴らさない下さい(;´Д`)ノ


「スイマセンね。トイレ入ってたもんでね。」




財布の中身を玄関にぶちまけたままで、トイレに戻る。


ふぅ~・・・・・




イタタタタタタタタタ・・・・・イッタァーーーーーー

一人個室で痛みと戦う。

再びトイレに入って数秒後。



プルルルルルルルルルル・・・
プルルルルルルルルルルルルルル・・・・




頼むから!

お願いですから!


一人にさせてくださいil||li _| ̄|● il||li




上品なお話でなかったお詫びにすぅの寝姿で癒されてください。
今日の午後の写真です。

すぅ



電話の相手は実家の母でした。
グッドタイミングで掛けるのをやめてください(;´Д`)ノ

いつもありがとう&今日もクリック宜しく人気blogランキング


こちらでも参加しています→レシピブログ



  1. 2005/10/27(木) 19:37:11|
  2. 日々のつぶやき
  3. | コメント:24

お餅の炊き込みご飯

2005年10月26日(水)

本日の晩御飯
もっちり中華おこわ風*おもちの炊き込みご飯
*ささみのフライ&ちーちく豚かつ(ちーちく豚かつはのんちさんのレシピ→ここ★
千切りキャベツとささみのフライにかけたのはfooaちゃんのドレッシングをマヨと和えたもの。
*昨日の残り物のごぼうと春雨
*味噌汁
*柿とオレンジ?みたいな柑橘類



お餅なんだよ

かなり前にアップした懐かしいレシピ(笑)
もっちもちのおこわ!なんだけど、実はこれ、もち米でなくって使ってるのは普通のお米。
具の他に入れてるあるもののおかげでなんちゃっておこわになるわけ。
先日鍋をしたときに買った「しゃぶしゃぶ餅」が半分くらい残ってたのでその消費のために作りました。
冷めてももっちもちです。


ちーちく

世間では給料日だというのに(笑)

今日使ったお肉、おこわに豚肉80g。
ちーちく豚かつに使ったちくわ2本、



Σ(゚д゚;)
に、に、2本?!



はい、2本しかなかったっす・・・。
それに無理やりに巻きつけた豚コマ、100g。


冷凍ささみ、最後の5本(生協でいつも1キロ入りの冷凍ささみを買っている)。
1本を3等分し、計15本にしてフライにするぜヽ(´▽`)/

2本のちくわを5人で分けて食べる図・・・・・・( ̄Д ̄;;



いや、でもこのちーちく豚かつ、ボリュームタップリ!
食べ盛りのお子様に、食べ盛りのダンナサマに!!オススメです。







てんきちは自分の部屋も自分の勉強机もあるくせに、決して自分の部屋で勉強しようとしない。
学校から帰ってきてすぐわたしのいるリビング兼ダイニングへやって来て、ランドセルからおもむろに宿題を取り出してここ、食卓でおっぱじめるのだ。

漢字や計算ドリルが済むとすごすごとわたしのところへ
「音読カード」
と呼ばれている国語の本読みの記録カードを持ってきて静かな声で国語の教科書を読み始めるのだ。

ちなみに音読というのは1年生の頃から毎日のように出る宿題の一つなのだが、たしか1年生の時に習った「ずーっとずーっとだいすきだよ」と言うお話(犬が死んでしまうお話)、もう聞きながら号泣。
いや、その前に幼稚園の頃たしか図書館で借りてやって読んでやったこともあったのに(もちろん読んでやってる間中泣いていたので、誰のために読んでやっているのか最後はわからなくなる始末)、それなのに泣いていた。
毎日泣いていた。
今でもその題名をこうして見るだけで涙目になる。


4年生のてんきちが先日から新たに読み始めたのは
「ひとつの花」
と言うお話だ。





戦争中のある夫婦と一人の幼い娘ゆみこのお話だ。
戦時中で物が無い時代、いつもいつもおなかをすかせていたゆみこは食べ物を全部食べてしまった後ももっともっとと欲しがる。
母は「じゃあ一つだけよ」と言って自分のお皿から分けてやるのだ。



ここへ全文が出ていたので参考までに→ここ


ああ、これはこんなお話だったのか。

わたしが小学生の時にも教科書に載っていたお話だ。
懐かしいなぁーと思いつつ、お話を読み終わるのをじっと聞く。

読み終わってからてんきちにたずねる。



「このお父さんな、なんでゆみこをめちゃくちゃに高い高いしたんやと思う?ただ、高い高いしたんじゃなく、めちゃくちゃに高い高いしてんで」



しばし考えるてんきち。


「・・・・・・・・・・・・いや、分からんわ。」



わかんないだろうなぁー。
いや、授業では習うのかもしれない。
どうして高い高いを・・・いやめちゃくちゃに高い高いしたのかを。
わたしも当時習ったのかもしれない。

でもきっとこれは親になって初めて理解できるようになるんじゃないかな。


てんきちが十数年後に人の親になる頃かぁ~・・・・
てんきちの子供もこのお話を習うんだろうか。




やっぱり今日も国語の教科書で泣かされてしまうわたし。



いつもありがとう&今日もクリック宜しく人気blogランキング


こちらでも参加しています→レシピブログ

  1. 2005/10/26(水) 19:37:04|
  2. オススメ晩御飯(レシピつきもあり)
  3. | コメント:21
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。