母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記

毎日の晩御飯の記録と、出来事の記録。「てんきち母ちゃんちの毎日ごはん1~3」発売中ヽ(´▽`)/「オッサン弁当」の本、出ました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アナタの為に食べてますヽ(´▽`)/

2005年11月25日(金)

本日の晩御飯
*豚肉のニンニクハーブソテーマスタードソース (ミリアムさんのレシピはこちら)ほうれん草のソテーを添えて
*付け合せ=アンチョビとセロリのポテトサラダ、高野の揚げたヤツ
*キャベツと玉ねぎとベーコンのクリームスープ

本日の焼き菓子
*ザクザク☆グラハムビスケット (ここぺり☆さんのレシピはこちら




豚のソテー

行きつけのスーパーで度々セールの目玉商品になる確率が高いこの豚ロース肉、そう、トンカツ用のお肉だ。

昨日もなんとグラムあたり78円ヽ(´▽`)/


新しい味に挑戦すべく、今日は以前から目を付けていたこちらのレシピをお借りした。

材料の一つにあるディジョンマスタード、しっかり紙に書いて 買い物に行ったし(だって初めて買うものだったから)。


おっしゃれ~なヨーロッパ系のお味!
いつもいつも醤油系の味付けばかりの我が家には新鮮かも。
マスタードを使ってるけど、なーちゃんも食べられるほどにマイルドで、レモンの酸味とハチミツの甘みがとっても美味しかった。



グラハムビスケット

ざっくざくです。
ちょっと色黒になってしまったのはご愛嬌。
かみ締めるほどに美味し~いヽ(´▽`)/






以前にもちょっと書いたかもしれないが、なーちゃんはわたしのことが大好きだ。
そしてわたしのことが大好きなのと同じようにして、幼稚園の担任の先生、トージ先生のことも大好きだ。

嫌いなものでも努力して食べようとしてくれるその健気さは、わたしが好きだからこそ・・・そう、わたしに喜んで欲しいからこそ頑張って食べているといって過言ではない。
今日だってお箸を取るより先にわざわざ皿を反対に引っくり返し、何より先に付け合わせから片付けて行っていた(嫌いなものを先に食べるタイプ)。

「次はどれを食べて欲しい?母さんヽ(´▽`)/」


いやいや、なーちゃん(;´Д`)ノ


今朝も幼稚園へ行く道すがら
「母さんのご飯もトージ先生のお給食もどっちも美味しいよね~♪母さん。
なーちゃん、どっちも大好きヽ(´▽`)/」


そう。

なーちゃんは幼稚園のお給食は担任のトージ先生が作ってくれていると固く信じているのだ。


お給食とは名ばかりの、どこぞの仕出し屋かなんかが作ったであろうただの弁当。
お世辞にもウマイとは言えないそのみすぼらしい弁当(現に春の家庭訪問のときにトージ先生本人も「あんまり美味しくない・・・かも♪」と仰ってたでないか 笑)。

トージ先生のためにもここは本当のことを言った方がいいのか?
そろそろ真実を言っておいた方がなーちゃんのためになるのか?


母「なーちゃん、幼稚園のお弁当はね、トージ先生が作ってるんじゃないんだよ。」



なーちゃん「Σ(゚口゚;・・・・・・・・・・・・(しばし無言)


ええ?!じゃ、じゃあ誰が作ってるの?!」


母「誰って・・・・・さー・・・。どっかのお弁当屋さん。(だと思う)お弁当屋さんが作って運んできてるんだよ。」


なーちゃん「誰?!お弁当屋さんって誰?!Σ(゚д゚;) 」


母「(知らないよ!)さぁ~・・・・あのー・・・・どっかのおじさんとかおばさんとか・・・・」


ここでなーちゃんの顔を見て重大なミス発言をしたことに気が付く。

母「いや!違った!そうじゃなくって、ほら、優し~いお兄さんやカワイ~イお姉さんが・・・作ってくれてるんじゃないかな!!!!!ヽ(´▽`)/」





なーちゃん「・・・・・・・・・・・・・ええー・・・・

明らかに不満そうなil||li _| ̄|● il||li




マズイ状況だ(;´Д`)ノ



母「いや!違うわ!やっぱそう、そうだ、トージ先生だ!トージ先生が作ってるんだわ!あはははははははははははははははははヽ(´▽`)/」





そう、それでいい。
なーちゃんが喜んで食べるのであればそれでいいことにしよう。

(ゴメンネ、トージ先生ヽ(´▽`)/)

いつもありがとう&今日もクリック宜しく人気blogランキング


こちらでも参加しています→レシピブログ

テーマ:ご飯日記 - ジャンル:日記

  1. 2005/11/25(金) 19:14:56|
  2. 不思議少女なーちゃん
  3. | コメント:17

「どうばあさん」

2005年11月24日(木)

本日のオットの居ない晩御飯
*鯖の塩焼き
*ほうれん草とベーコンのサラダ卵黄ドレッシングで
*サツマイモのハニーバター(tomimoさんのレシピはここ
*また作ってる・・・高野豆腐を揚げたヤツ(kamkamちゃんのレシピはここ
*長いものお漬物
*味噌汁
*大根の皮の即席漬け

今日のおかずいろいろ・・・

わたしの大学ポテトを作ってくださったというtomimoさんが、わたしのレシピからアレンジして作ってくださったというレシピ。

つい昨日だったかそのお知らせを貰ったのだが、早速(早速過ぎる?)作ってみた。
バターとハチミツ!じゅわ~~~んと美味しい~ヽ(´▽`)/
ほんの少量のお塩もポイントなのかな。
切り方を間違えてしまったのはご愛嬌ってことで。

子供ら、醜い奪い合いになるほどに大人気でした。




な~に書こうかな~ぁと、いつものように晩御飯の後パソコンの前に来て写真を取り込んだり、加工したりしているとちょうどブログに書き込みがあった。
いつもコメントくださるあんぱんこさんだ。
>毎日手の込んだ夕食ですが、何時間もかけて作っているんですか!?


1週間に1度くらいはどなたかに聞かれるこの質問なので、せっかくなので(!!)今日はこの質問にお答えすべく、今日のわたしの1日など・・。


今日は小学校が代休だったので、兄さんはお休み。
しかしなーちゃんはいつもどおり園があるので朝はいつもどおりに起こし、連れて行かねばならない。

幼稚園へ送って行った後、午前中やったこと
1)洗濯物を干す→布団を上げる(てんきちは自分の布団を上げる)→部屋を片付け、掃除機をかける(てんきちが子供部屋や廊下などを担当、わたしはリビングとダイニングのみ)→トイレ掃除

2)兄さんの口座を作るために一緒に郵便局へ(平日休みになるのを待っていたので)

3)そのまま2人を連れて図書館へ

4)そのまま2人を連れてショッピングモールへ

帰宅すると12時半。

午後からやったこと
5)まずお昼ご飯を作り、食べさせ片付け。米を研ぐ。高野豆腐を戻す。

6)パソコンのメールチェック&お返事書き。

7)すぅがソファーで寝たので布団を敷いて移動させる。

8)兄さんにすぅを頼んでなーちゃんのお迎え(2時)。

9)なーちゃんと帰宅、借りてきてやった本を読んでやる(3冊)

10)なーちゃんの布団も敷いて寝かせ、ここで時刻3時。

11)4時まで借りてきた本をしばし読みながら休憩。

12)4時、晩御飯の仕度開始(今日は遅いです。オットが居ないので手を抜こうと思ってたので)

13)途中何度も座って休憩(体力が無い 汗)→パソコンでレシピを確認しつつ~→ついでに本も読みつつ~→5時、あとは鯖を焼くだけにして一旦料理中断。

14)洗濯物を入れる。風呂を洗う。すぅに本を読んでやる。

15)5時半再びキッチンへ立ち、鯖を焼きつつ味噌汁を仕上げ、そのほかの料理をお皿に盛り付け、テーブルをセッティング(すぅがお箸を並べます)。

16)写真を撮って5時50分、晩御飯開始。


ケーキなどのお菓子を作ってる日?
それは、午前中に焼いたものか、もしくは昼ごはんの後すぐに焼いたものです。
晩御飯の仕度には全く支障のない時間に焼いているわけです。







ここのところすぅは、「母さん」と「おとうさん」をよく間違える。
パパのことは間違えず、「パパ」と呼び、わたしのことを呼ぶのに「おとうさん」と言う。
「母さんでしょ!」
と何度注意してやっても
「おとうさん」
と頑なに言い続けるのだ。

自分の非を認めたくないのかと思っていたら、単に「かあさん」という単語を言いたかっただけらしいのに、それが思い出せずに「おとうさん」と言っていただけなのだ。
先日やっとそれに気がついた。


それまで外出先でも「おとうさん」と言い出したら止まらなくなる傾向があり、大変に恥ずかしい思いをしていたのだがやっと無事解決。
「母さんでしょ!」でなく、「かあさんでしょ」と言うと、いいらしい。
うまく落ち着いてくれるようだ。


でっかい母さんなので後ろから見りゃおとうさんでもいいんだけどね(あ、いや、前から見てもおとうさんっぽい外見かヽ(´▽`)/)

++++++++++最近のすぅ語録+++++++++++

「どうばあさん」 

名詞だ。
堂婆さん?!

使用例)「母さん、すぅちゃんね、今日はどうばあさんのコップに入れて欲しいの。ウートーマン違うの、どうばあさん。」

使用例その2)「すぅちゃんは、どうばあさんの本借りるのー!いや!全部がいい!全部どうばあさんでいい。」


どうばあさん
どーばーさん
どーばーさー
どーばさ
とーまさ




Σ(゚д゚;)
トーマスだ!!!!!!!!!!!!!il||li _| ̄|● il||li

機関車トーマス!!(゚∇゚ ;)

難易度★★★★☆


ちなみに今日、図書館ですぅは3冊も同じシリーズのどうばあさんの本を借りました。
好きなものはとことん!タイプです。

って女の子なのに( ̄Д ̄;;

いつもありがとう&今日もクリック宜しく人気blogランキング


こちらでも参加しています→レシピブログ

テーマ:ご飯日記 - ジャンル:日記

  1. 2005/11/24(木) 19:35:47|
  2. 野獣すぅ
  3. | コメント:30

息子と話し合う

2005年11月23日(祝)

本日の晩御飯
*豚肉とトマトのシチュー(玉ねぎ・ニンジン・セロリ・じゃがいも・ブロッコリーなどなど)
*アンチョビとキャベツのスパサラ
*大根の皮の即席漬け

本日のケーキ
*先日作った柚子ジャムで、柚子のサワークリームスフレ


ちょっと爆発気味(;´Д`)ノ

メレンゲを立てすぎたせいなのか、爆発il||li _| ̄|● il||li

しかし見た目とは裏腹に大変口解けの良い生地&爽やかな柚子の香りで美味しかった。




+++++++++++++++++++++++++++
以下の詩はてんきちの学校のPTA関係のプリントに載っていたものです。



江口いと


孫は小学校4年生、
かわいい顔をした女の子。
仲良しA子ちゃんの誕生会、
小さな胸にあれこれと、
選んで買ったプレゼント、
「早く来てね」と友の呼ぶ、
電話の声を待ちました。

夕日が山に沈んでも、
電話の声はありません、
孫はぽつりと言いました。
きっと近所のお友だち、
おおぜい遊びに行ったので、
お茶碗足りずにA子ちゃんは、
困って呼んでくれないかも。

二、三日たった校庭で、
A子ちゃん家での誕生会、
楽しかったと友だちに、
聞かされ孫はA子ちゃんに、
どうして呼んでくれないの、
私はとっても待ったのよ、
私、とても待ったのよ。
A子ちゃんとても悲しい顔をして、
私は、誰よりも、さおりちゃんを
呼びたく、呼びたく思ったの、
けれども私の母さんは
呼んではならぬと言ったのよ、
それで呼べずにごめんねと、
あやまる友のその顔を、
見つめた孫の心には
どんな思いがあったでしょう。
私は、孫に言いました、
お誕生会に招かれず、
さみしかっただろうねと、
孫は、あのね、おばあちゃん、
A子ちゃんは悪くはないのよ、
お母さんが悪いのよ、
大人ってみんなわがままよ。
 淋しく言った孫の目に、
光る涙がありました。
どんな鋭い刃物より
私の胸を刺しました。





この詩が載せられていたプリントを何気なく台所仕事の片手間に読んでいたわたし。

プリントはいつも読んだら捨てるのだが、これは捨てられなかった。

2、3日経ってようやくこのプリントを読むようにてんきちに言った。



無言のままプリントを読み終えるてんきち。
読み終わっても俯いたまま暫く何も言わない。

母「なんでこのA子ちゃんのお母さんは誕生会に呼んでくれへんたんやと思う?」


しばし考えるてんきち。
てん「前にこの子を呼んだときに、部屋とか汚くよごされたとか・・・?」

他には?どんなことが考えられる?


考えるてんきち。
てん「この子が貧乏やから、いいプレゼントを持ってこーへんと思ったから。」


なるほど。他には?



てん「・・・・・・・・・・分からん。なんでやろう。」


その後、てんきちに差別や偏見についてのことを説明しながら、教えることも難しかったのだが、それ以上にそんな差別が実際に今現在も行われてる現実を教えることのほうが、大人の世界の一人として恥ずかしく思えた。


江口いとさんを知らなかったので検索してみたところ、こんな詩を見つけた→こちら「人の値打ち」

どこかで耳にされたことのある方も多い詩なのではないだろうか。


差別に気づく人間に
差別をおかしいと考えられる人間に
差別をしない人間に
差別をなくしていこうと言える人間に(人権問題のプリントより抜粋)


いつもありがとう&今日もクリック宜しく人気blogランキング


こちらでも参加しています→レシピブログ

テーマ:ご飯日記 - ジャンル:日記

  1. 2005/11/23(水) 20:01:43|
  2. 日々のつぶやき
  3. | コメント:48

ミッフィーのふわふわブランケット狙い

2005年11月22日(火)

本日「いい夫婦の日」の晩御飯(って内容は関係ないけど)
☆カリカリチキンにさっぱりネギソース☆(てんきちのばーちゃんのレシピです)
長いものお漬物(BETTYさんのレシピです)
*サツマイモとピーマンとちくわの甘辛炒め(あの方のレシピの副菜バージョン)
*味噌汁


副菜

色鮮やかな副菜になったヽ(´▽`)/
サツマイモとピーマンはなーちゃんとすぅが大喜び。
長芋のお漬物は母さんが大喜び。

鶏のさっぱり~な唐揚げ

生姜が利いてて超さっぱりな唐揚げです。
下に敷いた大量のキャベツ、胡瓜にもタレがしみしみヽ(´▽`)/
我が家はお子様口の方がいらっしゃるので(と言うか実際にお子様もいるので)少したれにお砂糖も入れてアレンジ。
てんきち兄さんのツボだったらしく、肉に大量のキャベツを乗せ、さらにマヨをすこ~しかけてバクバク・・・ほとんど一人で食べる勢いでした。

生姜のおかげで体がぽかぽか~





食パンについてるアレ


ご存知の方も多いだろう。
食パンの袋についているシールを集めて送ると素敵なプレゼントがもらえてしまうと言う毎年毎年やってるアレだ。
全プレだヽ(´▽`)/

全プレ=全員プレゼントの略
その昔、り○んやなか○しなどの漫画には普通の応募によるプレゼントと(2名様にプレゼント!など・・)、送れば必ずもらえてしまうと言う魅惑の全プレの2種類があったものだ。
送れば。
そう、送らなければならない、450円分くらいの切手を(それじゃプレゼントじゃないじゃないか、買ってるんじゃないかってことには子供は気がつかない。あくまでもプレゼントだから。なんせ全プレ
しかし密かに学校で仲良し同士がおそろいの手帳だの、おそろいのお財布だのを持つのは流行ったものだ。
わたし個人は漫画は買ってもらえない家庭に育った為、あくまでも指をくわえてみているだけだったのだが(;´Д`)ノ


と、話は逸れたが、この全プレ。
フジパ○のこの秋のキャンペーンでゲットできるものは、ミッフィーのふわふわブランケットだヽ(´▽`)/

応募券を15点分で必ずもらえます♪

ほほ~・・・15点か~ヽ(´▽`)/



と、思ったアナタは甘い。
食パン1斤に応募券は1点しかついてない。



そして写真を見ると分かるように、この時期、他社のパン屋でも同じようにキャンペーンを行うものなのだ。

そしてスーパーはその日によって売り出しのパンが違うのだ!!

このキャンペーンに気が付く前、実はヤマ○キの食パンをよく買っていたらしいわたし(そしてヤマ○キは全プレではないので、応募券はすぐ溜まる。6点で応募できるものもあるし、食パンは1斤2点も応募券がついている)
「らしい」と言うのはあまり自分では自覚が無かった為だ。
食パン買っておこうかしら・・・と思うときにその日たまたま売り出ししているのがヤマ○キの食パン率が高かったのかもしれない。
いや、そもそもヤマ○キの食パンはそこのスーパーではよく売り出しされているのかもしれない・・・

ヤマ○キの食パン、108円!!!(安い時)
全プレの応募券のあのパン、155円!!!(安い時)


Σ(゚口゚;

キャンペーンを狙い始めてからと言うもの、スーパーの実に巧妙な食パン売り作戦にまんまと引っかかるわたし。

まず、キャンペーンのこのフジ○ンの食パンの売り出しセールを何日か連続で行う。

その間は普段のヤマ○キは高いので当然フジ○ンを買う。

2週連続くらいでこのフジ○ンセールをやる。

当然何度か買う。

少し応募券が溜まってくる

あれ?こんなに溜まるんなら、もしや応募できるんじゃないの?妄想を抱き始める。

フジ○ンのセールが終わってヤマ○キのセールに変わる。

応募券欲しさに定価でもフジ○ンしか買わなくなる。





最初はシールタイプだったのに、途中から食パンの袋に直接印字された形になったこの応募券。
シール盗まれ事件が相次いだんだろうと察する。
実際、わたしもレジでお金を払う段になって、シールが剥がされた食パンを買おうとしていることに気がついたことが一度あった。


食パン1斤、うちでは6枚切りの厚さをいつも買う。
朝、食パンでいいという日は週のうち半分もない。
わたしひとりが毎朝食パンを食べることにしても、1袋を消費するのに6日はかかるのだ。
なーちゃんとすぅは2人で1枚しか食べられない。
てんきちはたまにしか食パンは食べない。
パパは食パンは食べないil||li _| ̄|● il||li

なるべく安い時を狙い、さらに20パーセント引きのシールが貼ってあるものでも買い、なかなか応募券が溜まらないことにイライラするあまり4枚切りのパンにまで手を出し、さらにバターロールなるものまでに手を出し、そうして血と汗の結晶なるものがこのハガキの裏の応募券なのだ。




ってかこんなブランケット、必要か?わたしil||li _| ̄|● il||li

100均とかにまさか売ってたりとか
全プレを貰うがために使ったお金

いつもありがとう&今日もクリック宜しく人気blogランキング


こちらでも参加しています→レシピブログ

テーマ:ご飯日記 - ジャンル:日記

  1. 2005/11/22(火) 19:51:32|
  2. 日々のつぶやき
  3. | コメント:26

いつもと変わらない晩御飯風景

2005年11月21日(月)

本日の晩御飯
*豚薄切り肉とたけのこ、ニラ、ザーサイの豆鼓醤炒め
乾燥わかめと人参のバリバリかき揚げ
*大豆といりこの甘辛
BETTYさんの長芋のお漬物
*味噌汁


かき揚げ

すぅ一人が3つも食べていた。


今日もこれが気に入ったという証拠として
「これ、ポテト!ヽ(´▽`)/」
と言うので、今日こそはと意を決して
これはね、ニンジンさん。」

と、言ってみた。







Σ(゚口゚;「・・・・・・・・・・」





あんぐり口を開けたまま動かなくなってしまったので、急遽
ニンジンのポテト。美味しいね、ポテト
と、付け加えておいた。



今日はめんつゆにもつけず、具に最初に入れたお塩のみの味で戴いた。



大豆といりこ


いりこのが異常に人気だった(;´Д`)ノ
たまに頭が外れているいりこに当たってしまうと、皿に戻す始末。

不可解な子供たちil||li _| ̄|● il||li


「しっぽ、残してもいいか!」
兄さん、それはないでしょうに・・・・・

そのくらい食べようよ。

(注意したのでちゃんと食べました)




+++++++大豆の甘辛の作り方(今日の場合)++++++++

蒸し大豆 1缶
いりこ  ひとつかみ

片栗粉 大3くらい


揚げ油

*砂糖 大4
*水 大1
*醤油 小1

1)大豆といりこはビニール袋に入れて片栗粉を入れてしゃかしゃか。
2)フライパンに1せんちくらい油を入れ、1を入れてじっと我慢の子。
こんがりいい色になってきたらお箸で転がし、全体に色づいたらいったん取り出す。
3)油を処理し、砂糖と水を入れてとろ~っとするまで待つ。
4)醤油をたらし、2の大豆といりこを入れてフライパンをあおって出来上がり。



いつもありがとう&今日もクリック宜しく人気blogランキング


こちらでも参加しています→レシピブログ

テーマ:ご飯日記 - ジャンル:日記

  1. 2005/11/21(月) 19:38:24|
  2. うちの3人兄妹
  3. | コメント:17
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。