母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記

毎日の晩御飯の記録と、出来事の記録。「てんきち母ちゃんちの毎日ごはん1~3」発売中ヽ(´▽`)/「オッサン弁当」の本、出ました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

母さん笑って

2006年2月28日(火)

本日の晩御飯
*チキンカツのイタリアン風フレッシュトマトのソースを添えて
*インゲンとベーコンのオイマヨ炒め
*くるくるリサイクル昨日のきんぴらで水菜サラダ
*味噌汁


久しぶりにカツなど


チキンカツはもちろん鶏胸肉をうす~くスライスしたもの。
衣のパン粉にイタリアンハーブミックスと粉チーズを混ぜ込んでいます。
オリーブオイルで揚げ焼きにして、ソースは美味しそうな完熟トマトで。

ちょこっとだけメモしとこう。
・完熟トマト 1個
・塩 小3分の1
・黒胡椒 適量
・オリーブオイル 大1
・大蒜の摩り下ろし 少々
・砂糖 小2分の1

トマトから水分が出てきてしまうので、作りおきはしないほうがいいかも。


淡白な胸肉にトマトがジュ~シィ~で、美味しかった。
兄さんが大喜びしてガバガバ食べてくれたのはある程度予想できていたのだが、トマトを毛嫌いするすぅも2切れ完食。
なーちゃんは「お肉の上のトマトが食べようとしたら落ちるのがイヤ」だったそうで、なかなか食べ終われず・・・・・でも完食。

きんぴらを水菜と一緒にサラダにするのは、前にお昼を食べに行ったお店で出てきたのが美味しかったのでそれ以来真似して作るようになった。
お勧めです。




昨日の「ソファー落下事件」で左腕を痛めてしまったすぅ(「痛めてしまった」と出すのに変換キーを押して一番に出てくるのはもちろん「炒めてしまった」だった)、昨日の晩も何度も目が覚める。
寝てるときは痛いのも忘れているだろうと高を括っていたのだが、なんと寝ぼけながらも
「いたい・・・・おてて、いたい・・・・」
と呟く。

わたしは隣室でてんきちが咳をしても目が覚め、誰かがトイレのドアを開けても目が覚めるタイプなので、もちろんすぐ横で寝ているすぅが呟くより前に、寝返りを打とうとしているその衣擦れの音で目が覚めた。

なるべく痛くないような体勢になれるように体の向きを変えてやり、すぅが手を繋いで欲しいと懇願するので手も繋いでやり、お気に入りのあの汚いハンカチで口元を覆ってやるとやっとすぅは眠りに就いた。



今朝も着替えをするのに大泣きする。
やっぱり診て貰おうとなーちゃんを幼稚園へ送っていったその足で昨日の先生のところへ。
行く道すがら、今日はすぅにお約束をさせてみた。
・泣かないこと
・じっとすること
・お返事をすること


昨日のショックから早くも立ち直っていたすぅは、快く了承。


よし!ヽ(´▽`)/

すぅはわたしとの約束どおりに今日は神妙な面持ちで病院に入り、診察室へ入るときにも無言のままだった。
先生の顔を見て少し怯んだように見えたが杞憂だったようだ。
先生が左肘を上げたり下げたり回したりしても

いってぇ~な!コノヤロ!ヾ(*`Д´*)ノ"なにすんねんこのオッサン!!という顔を一瞬したが、

「いたっ・・・・痛いの・・・痛いの。

ううん、そこは痛くない。だんじょんぶ。」
と極めて冷静に応えた。


少し腫れがあったのと、余りにも痛がるということからもしかしてレントゲンには映らなかった小さなヒビがあるのかもしれない、と診断していただき、すぅはギプスを装着してもらった。
腕を固定してやると痛みも和らぐらしい。
わたしや上二人の子たちは生まれてこの方骨折した経験がないのでギプスなるものも初めて近くで見た。
へぇーーー
石膏のようなもので工作の粘土細工を形作るかのように腕の周りを固めていくのかと思ってたら、ギプスってでっかい湿布みたいなものなのねぇ・・・案外簡単に装着できるものなのねぇ~


わたしは先生と看護師さんの邪魔にならぬよう、診察室の端っこですぅがギプスをはめてもらうのを見ていたのだが、すぅは泣き言一つ言わず、熊のように大きな先生が自分のの前に立ちはだかり、小さな腕をぐるぐる巻きにしていくのをじっと我慢して耐えていた。




昨日あんなにわたしに四六時中べったりだったすぅだが、左腕を固定された今日は、おんぶしてもらいたくっても不可能になってしまった。

と言うわけで、今日は晩御飯の仕度をするその間、すぅはわたしとずっと手を繋いでいた。
洗い物をしたり、両手がふさがってしまう時には已む無く離していたが、再び手を繋げるようになるとすぅは

「母さんってすき~♪


母さんってだ~い~す~きぃ~~~~~~~



母さんってすーーーーてーーーーーーーきーーーーーーーーーーヽ(´▽`)/

母さん、笑って!」

とやはり歌いながら、そして今日はわたしの左手の甲にチュッチュチュッチュとキスの雨を降らせていた。




すぅはたぶん怖いんだと思う。
わたしが怒るんじゃないかと思って。
ソファーから転がり落ちたのを怒られると思っている。
腕を怪我してしまったのを怒られると思っている。

ソファーの肘掛の部分からもうよじ登ったら駄目だよと、言い聞かせると
「うん・・・ごめんなさい母さん・・・母さん笑って」
と悲しそうに俯いた。

すぅは昨日からずっともうソファーには一切近寄っていない。
もちろん、座ることもしていない。



すぅの腕が早く良くなりますように。

皆さま、温かいコメントをどうもありがとうございました。

レシピブログ


スポンサーサイト

テーマ:ご飯日記(写真つき) - ジャンル:日記

  1. 2006/02/28(火) 19:47:51|
  2. 野獣すぅ
  3. | コメント:44

台所に長時間立てなかった理由

2006年2月27日(月)

本日の晩御飯
*ラップしてチンしたささみロール(ワカメ、ザーサイ、長ネギ)
*体調を崩していたオットのためにお蕎麦
*きんぴらごぼう
*昨日の続き、マカロニサラダ
*厚揚げにしょうが醤油

蕎麦人気


訳あって(訳はのちほど出てきます)長時間台所に立っていられなかった今日。
レンジでチンして主菜を作ろうと以前タラコと春雨だったか・・・を芯に巻いてチンしたのを思い出して今日はワカメとザーサイと長ネギを芯にしてささみをチンした。

教訓:わかめをチンするのは間違っている・・・・ぐずぐずに柔らかくなり、かなり食感が悪い。

教訓その2:ザーサイを長時間チンするのは間違っている・・・・・風味も味も吹っ飛び、何を巻いてるのか誰にも分からないただの野菜になってしまった。


案の定子供達は一口食べただけでその後見向きもせずil||li _| ̄|● il||li

ささみ好きのオットと、ダイエット中のわたしだけ細々と食べた。





今日の午前中のこと。
昨日更新できなかった晩御飯の記事を書き終え、さて買い物でも行くかな・・・隣室へ上着を取りに行こうと部屋を出ようとした一瞬のこと。



ドテッ!!!!!!!!







あら?なんか落ちた?
しかも重量もありそうな大物が?
とふと足を止めた。




うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん

一呼吸置いて号泣し始めるすぅの声。



あ~ん・・・もう。
またソファーから滑り落ちたのねぇ?と、慰めてやろうとソファーまで戻った。

本来の使い方をしていれば間違いなくこんな事故は起こらない。
ソファーを座る為に使ってさえいれば。

すぅは違った。
ここのところすぅにとってのソファーとは、手足を鍛錬する冒険系アスレチックの遊具だった。
即ち、手すりのある横から、若しくはソファーの背もたれの側からエイサエイサと足を掛けてよじ登ってソファーに上がり、いや、上がろうとしたまさにその志半ばで今日はソファーに掛けてあったミッフィーのひざ掛けに足をとられ、そのまま落下したと思われる。

そしてすぅは今、左腕を押さえながらヒステリックに泣き喚いていた。

どうやら体を横にしたまま、左腕を下にして床を直撃したらしい。


右手で物凄い勢いでほとんどパニック状態になりながら自分で左腕の袖口を上げようとする。

「痛いの?ここが痛いの?」
袖口をまくってやり、痛がる部分をさすってやるが、ヒーヒーと声にならぬ声で鳴き続けるすぅ。

しかも心なしか左手の指が細かく震えている。


若しかして骨折したのでは( ̄Д ̄;;




「すぅ?お手手ちょっとグーパー出来るかな?やってみて?」

泣きながらもわたしのリクエストに素直に応じてくれた。



(´Д⊂グスン 嗚呼よかった骨折はしてないようよ!(たぶん・・)


んじゃ肩の関節が外れちゃったのか?

「すぅ?お手手バンザーイやってみて?」

右手のみバンザイしてくれるすぅ。



「こっちのお手手でやってみてくれる?ハーイって手あげてみて?」

母さんのリクエストに応えようと必死にやる意志はあるものの、どうしても力が入らないらしい。

「出来ないよぅ~・・・出来ない~~痛い~~~~うわーーーーーーーっ・・・・」
再び号泣し始めてしまう。


こりゃ一大事かもしれない・・・・一抹の不安が過ぎる。

幸いうちのマンションを出て30歩ほど歩いたところには整形外科がある。


大急ぎですぅに上着を被せ、抱っこしたまま家を出る。
エレベーターの中でも道中も
「大丈夫?痛い?まだ痛い?」
としつこいくらいに再々再々確認をするが、途中まで

「いたい・・・・・ つД`)・゚・。・゚゚・*:.。 」

と気弱に囁いていたすぅが病院の前に着くなりいきなりバンザイができるようになるil||li _| ̄|● il||li



なんだ・・・・・バンザイ出来るぢゃん・・・・( ̄Д ̄;;

多少気落ちしたものの、ま、診て貰うだけ診てもらおうっかとそのまま病院へ入った。


待合室でもバンザイを繰り返すすぅ。



なんだよ・・・・腕は折れちゃあいないのか?(ーー;)

間もなく診察室に呼ばれ、抱っこのまま入ろ・・・・・入ろうとするや否や泣き叫び始めるすぅ。

熊のように大きな先生を見た途端、さらに火がついたように泣き出し、先生の前に座ることを拒否、逃亡を図るも母に阻止され再び泣き出す。



(-公- )おっかしいな・・・
すぅはここは初診のはずだ・・・・・



Σ(゚д゚;) ハッ






待てよ!そうだ!すぅはここへ来たことがあるのだ。
わたしの足首に溜まった水を抜きに来た時に・・・そう、ぶっとい注射器を母さんの足首にぶすっと刺す熊のように大きな先生の姿をすぅは見ていた( ̄Д ̄;;



その後、バンザイをリクエストしても決してやってくれることはなく、先生が肘を調べようと手を握っただけでも絶叫il||li _| ̄|● il||li

何とかレントゲンを撮ってもらったが、骨には異常は無さそうとの診断だった(明日腫れていたら再診するようにとのことだ)。
腕に湿布をしてもらい、また抱っこして家路に着いた。


左肘だけの負傷らしいのだが、すぅは今やお箸の一つも持ってはくれようとしなくなった(すぅは右利きのはず・・・( ̄Д ̄;;)

そればかりではなく、四六時中わたしの膝にいることを希望する。
わたしが台所に立つ時にはおんぶを要求。


わたしが甘やかしてくれると思ってここぞとばかりに('A`)



夕食の準備を腰を90度くらいに屈めたばーさまのように苦労して進めながら、背中で石のように重たいすぅは

「母さんってすき~♪


母さんってだ~い~す~きぃ~~~~~~~



母さんってすーーーーてーーーーーーーきーーーーーーーーーーヽ(´▽`)/」


とエンドレスで歌い続けてくれたil||li _| ̄|● il||li



う゛ぅ゛・・・・

降りてくれ・・・・・・


お返事が滞っており、申し訳ないです!
書き込みいつもありがとうヽ(´▽`)/励みになってます。


レシピブログ


テーマ:ご飯日記(写真つき) - ジャンル:日記

  1. 2006/02/27(月) 21:48:11|
  2. 野獣すぅ
  3. | コメント:25

イクラ丼とマリッジバトン

2006年2月26日(日)

オット休みだった昨日の日曜日の晩御飯
*イクラ&ネギトロ丼
*オットリクエストのマカロニサラダ
*前日の残り物のクリームシチュー
*鰹のたたき


イクラ丼


実はいくらが食べられなかったわたし。
本館のHPの自己紹介のところにもたしか食べられないものとして「鶏皮、鶏足」などに並べて堂々と「いくら」と書いていたと思う。

先週だったか、イクラ好きのなーちゃんにせがまれて買った海産弁当。
イクラを一粒ずつ丁寧に口に運び、なんとも嬉しそうに舌の上に乗せては
「見て見て~~~~~~~母さんヽ(´▽`)/



行くわよ~♪」


ぷちっ

と余りにも嬉しそうに食べる娘の姿を見て、なーちゃんがこれほどまでに好きなイクラだもの、わたしに食べられないわけなどない・・・・と、勢いで食べてみたのがわたしのイクラ初体験だった。



恐る恐るこっそり一粒(ーー;).。oO(んん・・・うーんっと・・・・


( ̄_J ̄)ん?



あら?





あらら?







食べられるじゃないの、わたし?






しかも美味しいんじゃないの?もしかして。




しかもかなり美味しいんじゃないの?もしかしなくても。



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(*´∀`)゚・*:.。..。.:*・゜゚・*



そうして昨日初めて、自ら進んで、イクラのしょうゆ漬けと言う宝石箱のようなキラキラぷちぷちのアレを購入。


一緒に乗せようと買った鮪が霞むほどに旨かった。

食わず嫌いはよくないねぇ~~~
何でも食べなきゃねヽ(´▽`)/


今朝、たーちゃんさんから受け取ってしまったマリッジバトン。

早速ネタ切れだったので(笑)活用させていただきます~


Q1:結婚、何年目ですか?
A…今年の9月が来れば11年になりますねぇ~・・



Q2:プロポーズされた(した)場所は?(よろしければ状況など詳しく)
A…Σ(゚д゚;) プロポーズ!!!!
たしか・・・・・・・一人暮らしをしていたオットの家に遊びに行った帰り、わたしの愛車(ちなみに当時流行の?パジェロに乗ってました・・・オットが乗っていた車よりも大きかった 笑)を置いていた某銀行の駐車場まで歩く道で?だったような?
ってかあれがプロポーズだったのかどうか不明(´∀`)アハハ/\/ \
返事をした後で「あれ?今のってプロポーズだったのかなぁー」と心の中で思ってました。
未だによく分かりませんil||li _| ̄|● il||li

ってか、ぶっちゃけてんきちの年齢とわたしたちの結婚年数を比べてみましょう。



Q3:結納はしましたか?(した場合は、場所や状況を詳しく)
A…もちろんしてないヽ(´▽`)/


Q4:結婚式はしましたか?(した場合は、場所や状況、ドレス、指輪などを詳しく)
A…3泊4日大忙しグアムの小さな教会で2人っきりの式です*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(*´∀`)゚・*:.。..。.:*・゜゚・*

どどどどどどどっどれすぅ?!
何を書けばいいんだ( ̄Д ̄;;
世間一般の女性と言うものは、ドレスだけでそんなに語れるものなんだろうか?!
白いドレスだけど・・・?!ヘ(_ _ヘ)☆\( ̄ー ̄*) ベシッ
鎖骨に自信があるのでデコルテの大きくあいたドレスです。
お色直しなんてもんありません。

ゆびわ?
えーっと・・・・結婚指輪は現在してません(笑)
指に何かをつけているのがキライです。
つけていると気になって常に反対側の手でいじくり回してしまう自分がいます。
料理したりパンを捏ねたりするとき外してしまい、置き忘れることが多発したので現在は箪笥の中です。
爪も短く小さい子供みたいな爪なので、色気もありません。
ちなみにオットもしてません。



Q5:新婚旅行は行きましたか?(行った場合は、場所など詳しく)
A…行ってませんヽ(´▽`)/
グアムは新婚旅行とは言わないよね~?
オットの仕事が忙しくて休みがなかなか取れず、上記のグアムへ行くのだけで精一杯でした。


Q6:お子さんはいますか?(いる場合は、人数、性別、年齢など詳しく)
A…皆さまご存知、小4男9歳てんきち、年中女4歳なーちゃん、未就園児女3歳すぅ。


Q7:旦那様(奥様)を、芸能人にたとえると誰に似てる?
A…ミスチルの桜井さんに似てると思ってたあの頃( ̄Д ̄;;
間寛平に似てるかもしれないと思い出した結婚後 つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
ちなみにオットの父はありえないほどにざこば師匠に瓜二つです。
数年後にはオットもきっとざこば師匠への道を歩んでいくのは間違いない。
そして数十年後にはてんきちもil||li _| ̄|● il||li



Q8:両親と同居ですか?別居ですか?(同居の場合は、感想、アドバイスなど詳しく)
A…別居です。
しかし窓の向こうには義父母の家がすぐ見えております。
  


Q9:結婚に一番大切だと思うことは何ですか?
A…なんでしょうね、我慢じゃないでしょうかね。
偶然にも先日てんきちが言っていたのですが、「思いやり」だと思う・・・・そうで。



:最後に、これを回してください!

う~んっと。
んじゃのんちっち、受け取ってねヽ(´▽`)/

それとわたしの愛するしょこらちゃんのお母さんもこっそり受け取ってね。



レシピブログ


テーマ:ご飯日記(写真つき) - ジャンル:日記

  1. 2006/02/27(月) 10:43:34|
  2. 日々のつぶやき
  3. | コメント:19

米がない(;´Д`)ノ

2006年2月25日(土)

本日の母と3人の子供達のみの晩御飯(オットは晩御飯パス)
*クリームシチュー
*キャベツパイ(パティシエママのレシピ
*冷凍ピザ
*レタスと胡瓜、リンゴ、チーズのサラダ


久々に焼き菓子
*型から切り取って出すとき焦って失敗(;´Д`)ノうぐいす餡のシフォンケーキ(適当配合)




米がありませんil||li _| ̄|● il||li


実は米がない。

明日のオットの休みの日に10キロか20キロほど買う予定にして今日は米なしの晩御飯。
キャベツパイにしよう~ヽ(´▽`)/と冷凍庫を漁っていたら出てきた冷凍のピザ。
一緒に焼いてしまえ!
・・・・・(゚∇゚ ;)ハッ・・・ダイエット・・・・・・・




一口だけならいいよね・・半分くらいならいいよね・・いややっぱ1切れくらいならいっか?!お茶を倍くらい飲めば許されるよね(´Д⊂グスン


明日の体重測定はなしにしよう。

本当に入園式までにあのスーツを着れるようになるんだろうかil||li _| ̄|● il||li



昨日ブロッコリーを食すことを断固拒否していた例の頑固者。
今日のキャベツパイはあっさりと完食。
一個をペロッと食べまだ物欲しそうにしていた。
そんなもんなのよね~
クリームシチューに2本も入れてやった、いささか入れすぎ感も否めないデカイ人参も問題なし(しかし少し色が鮮やかだったインゲンは嫌な顔をされた)。





なーちゃんが昨日わたしが晩御飯を作ってる時に書いていた「れしぴ」。


なーちゃんのれしぴ


じがいも きーてる
ねぎ きーてる
あげさん きーてる
ぶろーこり きーてる
いま おさら あーらてーる

おなべ しまてる
おなべ どけてる



(´∀`)アハハ/\/ \
「っ」のつもりだったのかな。

しかしお鍋を仕舞ったりお鍋をどけたり、わたしは一体何がしたかったんだろう。


ランキングに参加してます&クリックしてもらえると嬉しいかも人気blogランキング

こちらでも参加しています→レシピブログ




テーマ:ご飯日記(写真つき) - ジャンル:日記

  1. 2006/02/25(土) 19:18:41|
  2. 野獣すぅ
  3. | コメント:24

緑色のもの

2006年2月24日(金)

昨日の晩御飯
*牛とブロッコリーのオイスター炒め
*切り干し大根のナムル
*オットリクエストの豚大根
*味噌汁
*前日の残り物の高野煮とか

ブロッコリーだらけ


牛肉は100g98円という豪州産の切り落とし肉。
下味に、酢、醤油、砂糖少々、片栗粉を揉み込んだだけであとは生姜と一緒に炒めて、仕上げにブロッコリーも炒めて味付けはオイスターソースのみ。
安い肉とは思えないほど柔らかで美味しかった。
ブロッコリーが大きかったのでボリュームたっぷり。

ちなみにすぅ、最近緑色のものを食べられない。
生理的に受け付けない時期らしく、夕食のおかずを覗きに来ただけで
「すぅちゃん、ぶろっこり、いらな~~~~~い」
と母に挑戦的な発言をした。

先日も緑色の・・・・なんだったか・・・キャベツだったろうか、自分からは絶対に進んで食べようとはしないので、横から無理に食べさせてみた。
が、口に含んだだけでその後一切噛むことを拒否、口に入れたまま数十分耐え、諦めたわたしがティッシュに吐き出させるまで微動だにしなかった。

トマトも苦手で絶対に食べようとしない。
プチトマトは、見た目が可愛いので健気にも何度か口に入れてみる努力はするのだが、ぷちゅと出てくるが否や吐き出す。
まぁ、そんな時期なんだろう。
てんきちにもなーちゃんにも野菜が食べられない時期というものがあった。
調理法が変われば(例えば餃子、春巻き、スープなど)食べるので、もっとわたしが「すぅ向き」のメニューにしてやればいいんだろうが、毎度毎度すぅ好みに作るわけにも行かず。


昨日のブロッコリーもすぅだけは盛り付けた後でキッチンバサミで細かく切り刻み、ご飯に混ぜるという強硬手段に出てみた。
得体の知れない緑色のぶつぶつが混じるご飯を見てすぅは心底げんなりした顔をした。


ッチ!
ひじきは食べるくせに。
パセリのソースも食べるくせに。
インゲンの素揚げは未だにポテトだと思ってるくせに。




++++++ありがとうございました++++++
昨日の日記には大変多くのコメントを頂き、ありがとうございました。
てんきちは数日は優しくなる予定ですが(笑)すぐにまた口うるさい兄貴に逆戻りするはずの、極々普通の4年生の男の子です。
今も朝っぱらからもう既になーちゃんに手を出し、泣かせてますil||li _| ̄|● il||li


ランキングに参加してます&クリックしてもらえると嬉しいかも人気blogランキング

こちらでも参加しています→レシピブログ


おまけメモ

忘れたふりしてダイエット中のわたしの体重の変動→現在開始から1・7kgの減。
あと1kg頑張ります。

テーマ:ご飯日記(写真つき) - ジャンル:日記

  1. 2006/02/25(土) 08:26:07|
  2. 野獣すぅ
  3. | コメント:17
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。