母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記

毎日の晩御飯の記録と、出来事の記録。「てんきち母ちゃんちの毎日ごはん1~3」発売中ヽ(´▽`)/「オッサン弁当」の本、出ました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

モテる男(願望)

2006年4月30日(日)

本日4月30日、日曜日の晩御飯
*レンジでゆで豚ヒレ(栗原はるみさんのレシピの本から)レタスを敷いて
くるくる巻き巻き明太子入りバージョン
*出汁がらのふりかけ
*胡瓜と人参のキムチ
*昨日の残り物の長芋とベーコンの煮物
*味噌汁

明日は飲まないでね母さん


激辛キムチ、ホンマに火~吹くんじゃないかってくらい辛い。
どうやらカイエンペッパーを入れすぎた模様il||li _| ̄|● il||li
たぶんオットは無理だろうなぁー
てんきちが無理だったから。

(オットの舌=てんきちの舌)




このごろ少しダンスにも興味を示す気配も垣間見られる小学5年生男子てんきち。
5年生の目標はズバリ「モテる男になれ」(←ちなみにわたしが勝手に設定。しかもてんきちには伝えておらず、しかもわたしは今夜相当酔ってますのでスミマセン)
着る服に無頓着なてんきちのために、毎朝こっそり服を用意してやり、ともするとアンダーシャツをたまに後ろ前反対に着て行ってしまうてんきちに朝から着替えに目を光らせ(大体週に2回は後ろ前を反対に着ている( ̄Д ̄;;)それなのにこないだは身体測定の日にあろうことかアンダーシャツを、裏返しに着て行っていたと本人から報告アリil||li _| ̄|● il||li


Tシャツの襟元からチラと見えるであろうアンダーシャツ、後ろ前反対だの裏返しだの、モテる男とはかなり程遠い存在にあるてんきち少年( ̄Д ̄;;

せめて持ち物だけでも気を使ってやろうと思っていた矢先(先日の傘エピソード然り)、てんきちが1年生の頃からずっと同じランチョンマット&お箸セット&それらをまとめて入れる袋を使い続けていることにふと気がついた。
色褪せ気味のそれらは・・・・

ランチョンマット→カワイイ黄色のチェック、横にフリルつき、母さん手製のお名前刺繍入り。
お箸セット→なんと保育所の頃から使ってるなんとかレンジャーもの。子供用のお箸なのでかなり短くって使い辛そうだ。
それらをまとめて入れる巾着→お約束のウルトラマン柄、洗い替えのもう一つの巾着、なんと母さんが独身の頃に使ってたお下がり品のクマのプーさんil||li _| ̄|● il||li

ダメだろうか・・・・またきっと妹に怒られるだろう、わたし。
「そんなもん持って行かせてるから、てんきちはモテないのよっ!!!」



そんなてんきちだが、今日はサッカーの試合に呼ばれていた。
実は今日あるのは6年生の試合。
人数の少ない6年生チームの補欠要員として5年生の選手が何名か呼ばれることになっていたのだ。

当然だが、最初から試合には混ぜてもらえず、後半にちょこっとだけ交代選手として出場させてもらえる・・・かもしれない、ってな程度だ。
それでも呼ばれるだけありがたいことだと、今朝は早起きしてそんな兄さんのためにお弁当も作って持たせてやった。


夕方ごろ帰ってくるのかと思いきや、なんと12時過ぎには帰ってくるてんきち。

ど、どうしたの?!もう終わったの?
弁当は!


・・・・・・どうやら初戦でボロ負けしたらしく、そのままお帰りとなったらしい(笑)

(弁当はなんと10時半ごろに食べ終わったと言っていた)

ッチーーーーーーーーーイテテテテテテテテテテ
顔をしかめて膝を見ているてんきち。

見れば両膝ともキレイに擦りむいてなんとも痛々しい足になっている。
なんと手も・・・小指の側面もずるっと怪我してるじゃないか。

「どうしたん、これ。
スライディングでもしたんか?!

それとも誰かにこかされたんか?!
足を出されたとか?!」

そんな白熱した試合だったのか?
それとも後半で交代させてもらって、6年生の中でかなり張り切ったのか?兄さん。



「いや・・・・・あ、これ、





・・・・・・・実は道路でこけてん。」






(゚Д゚)ハ?
ど、ど、道路ぉーーーーーーーー?!

いつぅー!?


「いや、朝行く時にその・・・・靴の紐に引っかかって」



朝行く時にil||li _| ̄|● il||li

マンションを出てすぐにこけて負傷するてんきち( ̄Д ̄;;




モテる男への道は遠く険しいぞ、兄さん。




こちらに参加してます→レシピブログ
スポンサーサイト

テーマ:ご飯日記(写真付き) - ジャンル:日記

  1. 2006/04/30(日) 20:05:49|
  2. てんきち兄さん

初携帯ヽ(´▽`)/

2006年4月29日(土)

昨日の4月29日の晩御飯
*ニラ豚炒め
*長芋とベーコンと昆布の煮物
*お気に入り♪筍(姫皮)の梅肉和え(のんちっちのレシピはコチラ
*タケノコごはん
*美味しいお豆腐とやまぶしたけのお吸い物
*マグロのカマの塩焼き(1切れ100円!)

旬の食べ物~♪

あちらこちらで春いっぱいの食卓を見て、早速感化されてのタケノコご飯と梅肉和え(笑)


もちろんスーパーで買ってきた筍ですil||li _| ̄|● il||li


「この時期になるとあちらこちらから食べきれないほどにたっくさんのタケノコやら山菜やら戴いちゃってホント困っちゃう~~~」なんて一度言ってみたい( ̄Д ̄;;



オットが休みの日のお昼ご飯、必ずと言ってもいいほどリクエストされるパスタ↓


お気に入りらしい・・・しかも相当


たしか先週もこれを食べたんだけど、昨日のお昼何が食べたい~~と聞いてみればやっぱりこれだった。

*お手軽★和風パスタ(ばーちゃんのレシピはコチラ
*ガーリックフランス
*市販のスープ

ちなみに市販のなめたけを使わず、お徳用パックサイズで2個100円だったえのきで自家製なめたけを作ってからパスタにしている。
鷹のつめも入れて少しピリからなめたけ。



先日の日記でも少し触れたが、わたしは今を生きる成人女性としてはかなり珍しく、「携帯電話を持たない人間」だ。
今のご時勢、携帯なしでは生きてはいけないとまで言われるほどらしいのだが、生まれてこの方携帯なるものを一度も持ったためしがない人間、それがわたしだ。

たまに必要に駆られて外出先でオットの携帯を借りることがあるのだが、オットに相手先の電話番号まで全て入れてもらいわたしは耳に当てて喋るだけ、さらに
「電話、終わったんだけど、切るボタンはどこ?」
と、毎回必ず聞くil||li _| ̄|● il||li

オットが車を運転中に、オットの携帯が鳴ったときにも
「何?どこ?え?わかんない!開ければいいの?で、どこを押せばいいの!?」
とプチパニックを起こすわたし( ̄Д ̄;;

当然、オットが誰とメールをしているんだろうと怪しかろうが、決してオットの携帯を触ることはない・・・ってか出来ない( ̄Д ̄;;
オットがお風呂中に携帯が鳴り響いていたとしても無視し、2度3度となり続けるようならば、「電話!」と、風呂場まで携帯をお持ちする。



今年度、小学校並びに幼稚園の役員に任命され、早速行われるのが電話連絡網作りなのだが、自宅番号に加えて携帯電話の番号も書くらしい。
さらにメールアドレスも書かなければならない。

えーっと・・・
自宅電話のみです・・・あ、一応IP電話の番号とか書いておこうかな、意味ないけど(どっちも当然自宅だし)。
メールアドレスは・・・あのーパソコンのアドレスなんですけど、いいでしょうかil||li _| ̄|● il||li

でも、それでは本当に緊急の場合に買い物中の(またはお茶中の)わたしに連絡が来ないことになってしまう。




分かった!分かりました!
買うから!

携帯なんてほら、1円とかで売ってるんでしょ?
そういうのを買ってきたらいいのよね?





と、昨日休みだったオットを伴って携帯ショップへ。
売り場の女の子とどれがいいか話し合うのは当然オット担当。
わたしは見た目が可愛いとか、これはちょっと変かな、とかソレくらいしかわかんないですから( ̄Д ̄;;

え、何、フォーマって何ですか。
(゚Д゚)ハァ?
これ、可愛いけど・・・ダメなの?あ、そう・・・古いの?え?そんなに古いの・・・じゃ、止めとこっか・・
テレビ電話?
(゚Д゚)ハァ?
携帯でカメラを撮るかどうか?
いや、カメラはデジカメがあるから・・・
( ̄_J ̄)ん?
ってかIモードって何だろう(-公- )




って、



オバーチャンか!わたしはッ!!!!!!!!!!(;´Д`)ノ


結局オットが持ってるタイプの携帯が使いやすいし、教えやすいからってことで同じ種類の携帯を買うことに。
1円じゃなかったんだけど(;´Д`)ノ

帰ってきてから付きっ切りで教えてもらうが、なんせ全てが遅いらしいわたし。
ええっと・・・え?これ?あ、違う・・・ここを押して壊れたら怖いし止めとこう・・・ねーねー、これどうするんだっけ・・・オットが風呂中で席を外すともう不安で触れない( ̄Д ̄;;


とりあえず、妹のアドレスを入力し初メールを送る。
「けいたいむつかしいわ」







って、



オバーチャンか!わたしはッ!!!!!!!!!!(;´Д`)ノ

改行なし。
変換なし。
濁点は避けよう。
小さい「つ」とか「や」のない文にしよう。


しかも打つの遅っ・・・・・・il||li _| ̄|● il||li

両手で打ってるし(´∀`)アハハ/\/ \
ゲーム機じゃないっつーの。




あーーーーこれから役員全員分のアドレスを入力しなきゃいけないっての?!

日が暮れそう・・・(;´Д`)ノ


こちらに参加してます→レシピブログ

テーマ:ご飯日記(写真付き) - ジャンル:日記

  1. 2006/04/30(日) 09:40:24|
  2. 日々のつぶやき

兄さんの担任の家庭訪問

2006年4月28日(金)

本日4月28日金曜日の晩御飯・・・・オット晩御飯いらない日ヽ(´▽`)/

*クリームのごはん
*パンプキンスープ

以上でヽ(´▽`)/

シンプル(笑)


ご飯だよ~~と子どもたちを呼んで、食卓にやって来たなーちゃんが一言。
「今日は野菜はないの?」


いーんだよ、野菜はスープに入ってるんだから。
せめてレタスとトマトくらい洗って出すくらいすればいいのはわかってはいたんだけどね、今日は水も触りたくないくらいお疲れだったのよぅ~


8時半、娘たちを幼稚園へ送っていく。
9時、そのまま自転車をかっ飛ばして小学校へ。
最上階にある会議室まで駆け上がり、広報部、部会。
10時10分、階段を一気に2段飛ばしで駆け下り、自転車を再び走らせて幼稚園へ、幼稚園にて母の会総会に出席。

11時30分、総会が終わると同時に午前保育の娘たちと一緒に家へ。
昼ごはんを食べながら幼稚園のほうの役員の仕事でパソコンで調べもの。
片付け、掃除機を掛け、トイレ掃除、拭き掃除。
ついでに晩御飯の下ごしらえもしつつ。
そうこうしているうちにぴ~んぽ~ん。


てんきちのクラスの担任の先生だ。

「あ、どうぞ~。良かったら上がってくださいね」
一応社交辞令のつもりで声を掛ける(今まで小学校生活4回の家庭訪問で、このように言って上がった先生は一人もおらず。同じように「よかったらどうぞ~」とこれまた社交辞令のつもりでお出しするお茶の類に手をつけた先生もまったくおらず)。


「あ、そうですか、それじゃお邪魔します」



って、
ヾ(;;゚Д゚)ノ 工工エエェェェェェエエ工工

上がるんですかぃ!(゚Д゚)
いやまぁ上がれと言ったのはわたしですがね、いやいやーーーまさか上がるとは
パニックに陥りながらリビングに案内。

ああっ・・ソファーに先ほどまで寝転んでいたのがバレバレなタオルケットの抜け殻il||li _| ̄|● il||li

ああっ・・キッチンのカウンターの上に昨日の残り物の大豆の甘辛のラップの掛かったお皿il||li _| ̄|● il||li

ああっ・・それよりキッチンは今、刻んだ玉ねぎと刻んだピーマンの青臭いにおいでイッパイil||li _| ̄|● il||li

ちなみにシンクには玉ねぎの皮やらピーマンの種やらil||li _| ̄|● il||li


バレただろうか
いやバレバレだ( ̄Д ̄;;


折角上がっていただいたんだし何か形だけでもお出ししなきゃぁ~~(いや、分かってるんです、何も出さなくってもいいってことも。先生は他のお宅でも色々出されるのに、わたしまでもが何かを出したりしなくってもいいってことも。分かってます、すみません(;´Д`)ノでもうちへきていただいたお客様に何もお出しせずにおもてなしもなしに帰っていただくことが出来ないんです・・小心者ですみません)と、そこにあったキャラメルパウンドケーキを切り、緑茶と一緒に一応出してみる。

「良かったらどうぞお召し上がりくださいね・・」
口の中でもごもごと一応言ってみる。






「あ、すみません。それじゃ、頂きまーーーす♪」




早速食べ始める先生il||li _| ̄|● il||li


あわわわわわわわ凄い。小学校の先生でも食べるのねぇ~~
家に上がっちゃいけないとか、ものを食べちゃいけないとか学校に代々伝わる厳しい掟でもあるのかと思ってたわ。

家庭訪問で食べたり飲んだり雑談するのは幼稚園の先生だけかと。


それから30分間も先生と楽しくお喋りし・・・・その間、なーちゃんとすぅは隣の部屋で大声を張り上げて遊んでいた(兄ちゃんはサッカーへ行っていたので留守)。
途中すぅが、奥の部屋へ隠していたわたしのきったない薄汚れたアニマルスリッパを履きながらリビングに入ってきた。
す、すぅったら!そんなスリッパを履いたりしてっ!


「あのね、電気、もったいない。電気、もったいないよ母さん。」


(゚Д゚)ハァ?
「消していい?すぅちゃん、消していい?」



あらヤダワこの子ったら何を言ってるのかしらほほほ・・・・( ̄Д ̄;;


すたすたすたすた・・・・・
玄関方向へそのまま歩いていくすぅ。


(゚∇゚ ;)ハッ
あ、すみませんね、玄関の電気が点けっぱなしでしたか!
勿体無いよね、そうだよね、はいはい・・





il||li _| ̄|● il||li




先生から聞いた学校でのてんきちの様子その1
休憩時間は本を読んでいるらしい。
掃除の時間、お喋りに夢中になって手が動かない子たちが多い中、ひとり上手に掃除をしてくれているらしい。
先生がこの1ヶ月ほど観察したてんきちの印象、それはずばり「クールな男」らしい。



先生から聞いた学校でのてんきちの様子その2
給食に出たひじきと大豆の煮物。
児童に全く人気がなく、大量に余っていたらしい。
誰かおかわりしませんか~!先生が声を掛けるとてんきちが2回ほどおかわりに来てくれた。

先生「てんきちくん、ありがとう!キミはひじき、好きなの?」

てんきち「いや、家のほうが美味しいけど」



ヤダワてんきちったらプニュ( ´∀`)σ)Д`)





終始和やかに先生と歓談し、時間となったので(いや時間は15分も過ぎていたが)、玄関までお送りした。
玄関で靴を履いている先生にすぅが駆け寄る。

「ハイ!おてがみ!」

「エッ?!手紙書いてくれたの?!ありがとう(笑)」


玄関先で早速すぅが持ってきた便箋を広げてみる先生。

+++++++++++

このような文字が延々書いてあるのみの、誰にも解読不能な恐るべしすぅ語だil||li _| ̄|● il||li





はぅ~~~~1週間ほぼ終了!
明日はてんきちのサッカー。
あさってはてんきちのサッカー試合の為、早起きして弁当製作。
週明け月曜日は早速幼稚園役員会。


今週はなかなかお返事を書く時間が取れなくって申し訳ありませんでした。
メールも沢山いただいているのですが、お返事が遅くなってます、すみません。
お返事の方、気長にお待ちくださいヽ(´▽`)/


こちらに参加してます→レシピブログ

テーマ:ご飯日記(写真付き) - ジャンル:日記

  1. 2006/04/28(金) 19:34:40|
  2. てんきち兄さん

ダンス教室へ行く

2006年4月27日(木)

本日4月27日木曜日の晩御飯
*チキンナゲットみたいなささみのピカタ(ばーちゃんのレシピはコチラ)レタス&プチトマト 粒マスタードのハニードレッシングと、バーベキューソースを添えて
大豆といりこの甘辛
*辛子明太子のネギ油和え
*味噌汁

甘いもの
*プリン

プリンのお肉


「このプリンのお肉、また作ってや!また作ってやぁぁあ~?!」byすぅ


プリン・・・黄色いから?
注意)別にプリンの味がするわけではないので


最近辛いものに目覚めたてんきち。
キムチに舌鼓を打つようになったと思えば、いつのまにか辛子明太子もバクバク食べるようになっていた( ̄Д ̄;;
(不経済なのであまり食べさせたくないんですがねご飯を4杯もおかわりされてしまうし)






ひと月ほど前だったか、なーちゃんとすぅをジャズダンスの体験レッスンを受けさせてやったことがあった(このへんに書いてます)

すぅの年齢が足らずレッスン内容についていけないことや、レッスンを受ける子供たちの年齢幅が広すぎること、それにひと月のレッスン料が目の玉がおん出るほどにお高めだったこともあって(まっ、正直それが一番の理由なんだけどさ)、結局入会は見送り、やりたがっていた本人たちには(驚くなかれ、あのすぅまでもがやりたがっていた)それぞれに
「今回は止めようね。もうちょっと大きくなったらやろうか!」
等と言葉を濁していた。


と、諦めていたところへ、ダンスサークルなるものへのお誘いがきた。
これはお教室ではなく、あくまでもサークルのようなものらしく、毎週公民館で開かれるのだが、レッスン料がとぉ~~~ってもリーズナブルヽ(´▽`)/
しかも年少さんから受け入れオッケーと来た!

ダンスを諦められずにいた、ゴリエちゃんに憧れるなーちゃんには朗報だ!
早速昨日、そんなわけで体験レッスンに参加させていただいた。


行ってから知ったのだが(笑)、こちらのサークル、ヒップホップ系
いや、ヒップホップ系っていうのが何なのかとかも、ホントはよくは知らないわたし( ̄Д ̄;;
踊る曲調が違うってことなのか?
イエーィチェケラッチョ!系?
だぼだぼズボンにキャップを目深に被る系?
アフリカ系アメリカ人のラップ調ミュージック?
頭を下に逆立ちになって頭を軸にコマ状態で回転したりする?


何はともあれレッスンの1時間、テンポの速い軽快な音楽に合わせてかなりハードな動き。
ついていけるのかしら・・・との母の心配をよそに、全く躊躇せずにクラスに溶け込み先生の真ん前で腰を振って楽しそうに踊るなーちゃん。






ん?( ̄_J ̄)ん?
すぅはドコだ?




Σ(゚д゚;) ハッ


・・・・・・・いやいや、まさか先生の真横、鏡に自分の姿が映るのを常に確認できる位置(先生の後方の壁は一面鏡張り)で満足げに鏡に向かって自分に微笑みながら踊ってるナルシストは・・・あれはまさかすぅですかil||li _| ̄|● il||li




何曲か続けて楽しく体を動かして踊った後で、後半はどうやら1曲の音楽に合わせて完成させたい踊りの練習をするらしい。
最初の部分・・・舞台の袖から出てきて踊り始め・・・と言うところから、何度も何度も繰り返し繰り返し練習が始まる。
二手に分かれて舞台の袖に入り、そこから音楽に合わせて舞台に出る。
舞台に上がれば、床には先生が生徒の人数分貼っておいて下さっているビニールテープのしるしがある。
舞台に立つ時に隣の子とぶつからないように立つ、と言う配慮のためのモノだ。
音楽が鳴ってイエェ~イチェケラッチョ!と出てきながらバラバラになり、そのビニールテープの上に散らばって立てばよい。


しかしなーちゃんは踊りよりもむしろそのビニールテープが気になって気になって仕方がなくなってしまった。
舞台の袖から音楽に合わせて踊りながら出て来つつ、ビニールテープの上に立つ。
このときどのテープの上に立っても構わない。
30人以上もいる子供たちの中で、ここは誰それのテープ!だなんて主張する子なんて一人も居ないし、人数分のテープはちゃんと貼ってあるはずなのだから。

しかしなーちゃん。
気分はもうひとり椅子取りゲーム。
舞台の袖から出てきつつ、いや一人だけ明らかに歩幅広く飛び出し、音楽に合わせて踊ることもせず、ただ目指すはひとつのビニールテープのしるしの真上に立つこと。

立ったら最後、先生のお手本を見ながら踊ることもせずただ満足感に浸ってしまうので、踊りはかなり疎かになっているのが手に取るようにわかったil||li _| ̄|● il||li




そしてすぅ。
最初の30分ほどは彼女にしてみればかなり真面目に先生の動きを真似て踊っていたのだが、そのなーちゃんがひとり椅子取りゲームをし始めてしまった曲に入ってからは、カーテンに包まってひとりかくれんぼをして遊んでいたil||li _| ̄|● il||li



夕方疲れきって帰ってきたすぅは2分で寝てしまったが、なーちゃんは聞きたがり屋の兄さんに捕まり、どんな踊りをやったんか、踊ってみろ!と脅され促され、
部屋で散々また踊って見せていた。


けっこう楽しげに。
鼻の穴を広げて得意満面で。



兄さん、拍手してくれるのはいいんだけどさ、宿題やったの!
まだ踊ってるの?!アンタたち!
兄さん、踊りはもういいから!宿題やっちゃいなさい!

もうすぐご飯ですよ!
兄さん!!!!!!!!
聞いてるのッ!!!!!!!!!


なーちゃんのヒップホップダンスを興味深げに飽くこともなく正座して見る兄さん( ̄Д ̄;;


ホントにダンスに興味がある子はまさか・・・・il||li _| ̄|● il||li



+++++++++++++++++++++++

昨日あんだけわたしを恐怖のどん底へ突き落とした、おっそろしい目つきで睨む女の表紙のあの例の本。
さっき読んだ。

夜に読むのもどうか・・・かといってなーちゃんやすぅのいない午前中にあの本を持ち上げるのもいやだったので、今読み途中だった本を途中やめして午後からソファーに寝そべって読んだのだが、なんていうか・・・・・・・( ̄Д ̄;;←こんな感じの評価ってことで


気がつけば途中で本を落としながら寝かかってるし(←ってか触るのも嫌だったのに気がつけば腹の上に本を伏せたまま爆睡)。


(´∀`)アハハ/\/ \
怖がらせてしまって申し訳なかったです。


こちらに参加してます→レシピブログ

テーマ:ご飯日記(写真付き) - ジャンル:日記

  1. 2006/04/27(木) 19:32:33|
  2. うちの3人兄妹

ビールはどこil||li _| ̄|● il||li

2006年26日(水)

本日4月26日水曜日の晩御飯
*ジンギスカーーーーーーンヽ(´▽`)/
*椎茸の唐揚げ
*きのこのマリネ


肉を喰らう


すんません、なーちゃん最後のうどんに入る前に撃沈。
午後からダンス(今日はヒップホップ系)に行って完全燃焼したからねーーー


忙しかった一日の〆にはやっぱ泡わわわわわ・・・
アツアツジュージュー焼いたジンギスカンを突きながらやっぱ泡わわわわわ・・・

と思って肉を焼きながら冷蔵庫を開けたら泡、在庫切れ( ̄Д ̄;;

買ってくるか?
いやいや、タンス部屋に隠し泡をあと1ケース持ってたはず。
だけど今から冷凍庫に入れたとしてもあと2,30分はお預け(;´Д`)ノ

肉は今まさに焼けようとしてるのよ!!!!!
緊急事態なのよ!!!!!!!


・・・・・ないよりマシかとチューハイでもいいから取ってくれ!と冷蔵庫前に居た兄さんに頼むと出てきたのはマスカット味♪

・・・・・・似合わないil||li _| ̄|● il||li


ねーねー、違うヤツない?レモンとかグレープフルーツとか梅とかさぁ~~~




兄さん「ないよ。あとあるのは・・・・・ストロベリーだけ


すとろべりーっすか つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
ジンギスカンにすとろべりーはかなり合わないと思うのでマスカットでいいです(嗚呼それでも似合わない)

ってなわけで、今日は不完全燃焼il||li _| ̄|● il||li


ジンギスカンのほうは、「北海道ジンギスカン・com」さんのラム肉。

なんせラム肉はダイエットに最適なお肉だし、お値段もお手ごろ。
肉自体はオット好みのあっさりしたお肉で臭みもなく食べやすい。


お肉についてたタレもホットプレートにジュ~ッと流して焼いたんだけど(ってかこれで合ってる?ジンギスカンの食べ方・・・)野菜にも絡んで美味しいこと。
カボチャ!焼いて大正解だった。
春キャベツも玉ねぎもピーマンももやしも、味がしみしみ~~~ヽ(´▽`)/
もっと今度は大量に野菜を用意してもいいかも。
最後にうどんも焼いて食べたんだけど、これもうんまいこと♪
うどんももう一玉行きたいところだったんだけど、それじゃぁダイエットに最適なラム肉を食べた意味がない(;´Д`)ノ



あーーーーこれがビールならどんだけ良かったかil||li _| ̄|● il||li




(゚Д゚)ハッ!ヤバイ!兄さん!冷凍庫からビール出しといて!!!
いやいや、今こっちに持ってこなくっていいから。




教訓:ご飯のスイッチを入れる前には必ず、冷蔵庫にビールがあるかどうか確認しなければならない。




昨日なーちゃんとすぅと一緒にお風呂に入ってるときのこと(やけどしたわたしに代わってオットが子供たちを入れてくれると言ってるのに、本人達が母を希望( ̄Д ̄;;)。
どういう話の流れだったのかは忘れてしまったのだが(たぶんパパと入りたくないとか言うのでそれならば!と腹を立てていたんだろう、わたし)、
「母さんが居なくなったらどうすればいいか」
というかなり楽しくない話をしていたわたしたち( ̄Д ̄;;


母「母さんが居なくなったら、新しいお母さんに来てもらうといいよ。パパはご飯が作れないから、なーちゃんたち困っちゃうでしょ?」

なーちゃん「えーーーーーっ・・・
どうしよう。





なーちゃん、新しいお母さんのでんばんごー、わからないから!
母さん、ちゃんと後で教えてくれる?


新しいお母さんのでんばんごー、何分?」



il||li _| ̄|● il||li
いやいや、何分って。
分じゃないし、そもそもなーちゃんが電話しなくっても大丈夫だから。
ってか母さんが居なくなって寂しいなぁ~とかいややなぁ~とかはないらしい。



なーちゃん「すぅちゃんはどうする?どうするの?


母さんが居なくなったとしてヽ(´▽`)/」←いつもは母さん一筋なくせしてこんな空想話をする時なーちゃんは少し嬉しそうに見えるのは気のせいだろうか(;´Д`)ノ




すぅ、泣き出す。
「すぅちゃん、母さんに会いたい。」

なーちゃん「カーーーーーーッ!!!なんで泣くんかな!
もしも!ホントじゃなくって!もしも!もしもって分からへんかな!

ホントじゃないのに。

すぅちゃん、赤ちゃんだから分からへんのかな、母さん。」





おーおーよしよしヽ(´▽`)/
母さんが居なくなるだなんてもしものことだとしても、想像すら出来ないらしい。
いや違うな、母さんが居なくなってしまったと既にリアルに想像してしまい、そしてその結果のこの切実な「母さんに会いたい」なのか(笑)


++おまけ++
今日午前中予約していた本が届いたとメールがあったので図書館へ取りに行った。

受け取った本を見て心臓が縮み上がるほどに、そう、ちびってしまうほどにビビリまくってしまったわたし。

なんじゃこりゃ・・( ̄Д ̄;;
こ、こんな本をわたしはリクエストしたのか・・・

これを借りて帰らなければ・・いや、その前に手で触るのか?



裏返そう。

見えないように裏返して持つんだ。





帰ってきて、兄さんにも表紙を見せてやったら、兄さん、絶叫してました。

ちなみに大石圭「1303号室」という本。
表紙がどうしても見たいという方はコチラをチラッと御覧下さいませ。

チラっとだけにしておいてね。

夜、眠れなくなること、受けあい。



このままではどうしても触れないので、小心者はこうした↓


ブックカバー



こちらに参加してます→レシピブログ

テーマ:お料理日記(写真付き) - ジャンル:日記

  1. 2006/04/26(水) 20:24:03|
  2. 食べ物についてあれこれ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。