母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記

毎日の晩御飯の記録と、出来事の記録。「てんきち母ちゃんちの毎日ごはん1~3」発売中ヽ(´▽`)/「オッサン弁当」の本、出ました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

実は気難しいんです(;´Д`)ノ

2006年10月30日(月)

昨日の10月30日月曜日の晩御飯
*豆もやしとニラの炒め物
*こんな季節に冷奴
*じーじに貰ったメロン
*ぴっかぴかに光るご飯
*また作った(笑) 焼肉屋さんのサラダ by のんち

新米



実はうちのオット、文句の多い人だ。
「実は」と書かなくてもきっと察しのいい読者のあなたなら、薄々感づいていたかもしれないが、食べるものに関しては(いや関しても!か?)毎晩毎晩とにかく一言言わなければ気がすまないタイプだ。

もう結婚以来10数年、言われ慣れてしまったかといえばそうでもなく、ちくっと言われれば腹も立つ。

やれ今日のおかずはちょっと味が濃いだの、塩が効き過ぎだの、熱いだのぬるいだの、芋はおかずにならないのに今日もまた芋?まだ芋があるん?肉が食べたいなぁーー、明日はエビフライにしてよ、カレーなのにカツがないん?等など・・・・

よくも耐えている?

こんなことを言われてカチンと来ないわけもなく、そういう日は口も利かずにドアをバタン!と閉めて部屋にこもりたいのは山々なのだが、毎日そういうわけにも行かず、いや、毎日そんなことをしていれば確実にわたしたち夫婦は今一緒に生活していないはずだ・・・日々言われたい放題でわたしは
「ふーん、そう?」
「別にわたしも子どもたちも思わなかったけど!」
「・・・・・・あっそ」
と心の中は煮えくり返りながらも表面的には大人しくしている。

(いや、オットの顔を振り返りもせず、視線すら合わせずに「フン」とか言っているので怒っているのは伝わっているはずだ 笑)


そんなオットのチェックが一番厳しいのが・・・・



ご飯なのだ(゚Д゚)!!!!!!!!


一度業務用のような米(だって、こしひかりって書いてあったんだもん!!!!と言うわたしの訴えは即却下された)を買ったときには、その米がなくなるまで毎晩のように「マズイマズイ」と言われ続けた。
米の水加減を数ミリでも誤ってしまった晩(水分の多く含まれたご飯はお好みでない)などは、あろうことかご飯を残すと言う暴挙に出る。
さらにご飯で満たされなかった腹を満足させる為におやつを物色すると言うイヤミな行動を取る。

わたしの実家で食べる米がこの世で一番うまいと豪語し(いや実家は農家ではないのだがとにかく母がスーパーで買ってきた米の、何の変哲も無いご飯が絶妙だとのたまう)、あの米を食いたい、あれと同じように炊いてくれと本当にくどくどと言われ続けるのだ(´Д⊂グスン

「外で食べるご飯はまずいねん・・・
一日働いて帰ってきてそれだけが楽しみで帰ってくるようなもんやで。
米がまずかったらアカン!」


はぁ、、すみません。


ってなわけで、日々努力させていただく出来た嫁だよ、わたしは!!全く!!!!



ってなわけで、今回の米は・・・


ピカピカ!


ピッカピカに光る新米。
炊飯器を開けたときに嬉しくなるほどに光ってる~~

実はこれ、いつだったか子ども達が頑張って一粒一粒丁寧に剥いてくれたあの稲穂のお米だ(いや、精米されたものだけどね)。



紀州梅干し



オット、昨日の晩は米に関しては文句が出るはずもなかった!!!!
(米に関しては・・・・。おかずに関してはニラ豚が少々塩分がきついと言われたが無視してやった)

みずみずしくってほんのり甘い、山形県産ひとめぼれ(もちろん新米)は11月2日までならおいしっくす
のお試しセットにも入ってるみたい。



こだわりのお米


米を作ってくださったこの優しそうな笑顔の素敵な男性のように、うちのオットも笑顔で
「うん、美味しいよ!いつもありがとう!」
とか言ってはくれないだろうか(´Д⊂グスン



今日は何を作ろうか・・・

宮廷女官になったつもりで身を挺して頑張るわッ!!!!!


スポンサーサイト

テーマ:ゆうべのごはん日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/10/31(火) 10:05:37|
  2. 日々のつぶやき

ピアノの発表会

2006年10月28日(土)

一昨日の10月28日土曜日の晩御飯
*鶏手羽の唐揚げ サニーレタス
*冷凍のぺペロンチーノ
*蓮根と牛蒡のしっとり煮
*味噌汁
*リンゴ


骨付き肉





そうそう、これも土曜日。
土曜日のお昼ご飯。

絶品!兄ちゃん大喜び


嘘つき、でも絶品カルボナーラ by Hyo

こってり濃厚で、めっちゃおいし~ぃヽ(´▽`)/
女の子がダイスキな味だと思う。
(兄さんもダイスキだったらしいけど)
また作ろ~~~~っと。






昨日の日曜日は、午後からなーちゃんは・・・・・






ピアノの発表会!!


思えば今年の春ごろだったか、暇さえあればピアノを自己流で弾きまくり、園で誰々ちゃんに教えてもらった!とめちゃくちゃな指使いでなんとか知っている歌を弾けるようになっては
「凄いでしょう!なーちゃん弾ける!」
と大喜びで報告に来ていたっけ。

これ以上自己流で弾いていると問題があるかとようやく6月から行き始めたピアノ教室。


これがなーちゃんをまさににした。




前にも増してますます暇さえあればピアノの前に座り、同じ曲を何度も何度も繰り返し弾く。
弾けないと言っては時には泣きながら、そして怒りながら、それでもどうしても弾くのをやめようとしなかったなーちゃん。

ピアノ教室でなーちゃんよりも先に習い始めた女の子が、上手に弾いている曲を聴けば、帰ってきてから必ずその曲が弾きたいと本を抱えてわたしのところへやってくる。
まずわたしが弾いてやり、次になーちゃんは音符を拾って読み、指の番号を確認し、右手だけ、左手だけと練習し・・・


絶対に弾けるようになるまで諦めない、それがなーちゃんだ。


○○ちゃんや△△ちゃんが弾いてた「青い本」に早く行きたいから!
という理由で、彼女は先生から習ってくる曲だけでなく、その次の曲も次の曲もとどんどん先へ進みたがった。
そして先生がビックリするくらいまで前に進んでしまう。


そんな頑張り屋さん(頑固者の負けず嫌いさんとも言うか 笑)のなーちゃん、昨日が初めての発表会だった。


先生のおうちじゃないところで弾くの?
どこのおうちで弾くの?
え?おうちとかじゃないの?
どこなの?!

もしかして、そこにはお客さんがいるの(゚Д゚)!!!


ドレスを着せてもらい、コンコンの靴を履いて(水疱瘡のかさぶたをファンデーションで隠して、さらに口紅も塗って)、もう車に乗り込んで出発してからそこに初めて気がついたらしいなーちゃん(;´Д`)ノ

「大丈夫だからね、いつもおうちで弾いてるみたいに弾いたらいいよ。
ゆっくりとね。
お礼してから椅子に座って、2回ずつ繰り返しして弾くんだよ。
曲と曲の間には手をお膝に乗せるんだよね?
終わったらまたお礼するんだよ。
練習したから大丈夫だよ。
なーちゃん上手だから大丈夫。
もし、失敗してもいいんだよ。
間違えてもいいんだよ。
もう一回弾こうと思ったら最初から弾いてもいいよ(短い曲だし)」

たぶん始まる前までこの台詞をエンドレスで言っていたと思う。


いよいよ、なーちゃんの番になった。

本番前に2回も練習させてもらったにも関わらず、なーちゃんは舞台の袖から出てきたかと思うと恥ずかしそうに体をくねらせながら一気に椅子の上に直行してしまう。
弾いてもいいのかなぁー?と言う顔で客席にいるわたしのほうを見るので口パクで


(なーちゃん!なーちゃん!お礼!立ってお辞儀しないと!!!!!)
と指差し、身振り手振りで伝える。


椅子から飛び降り、ピアノの前でお礼し、会場から拍手を貰うなーちゃん。

早くも涙腺が開く母(;´Д`)ノ



もう一度椅子によじ登り、また客席のわたしのほうを不安そうに振り返るなーちゃん。


(うん!うん!そうそう、弾いていいよ!!!!頑張って!)
口パクで伝える。


うん!!
小さく頷いてやっとピアノのほうを向き、弾き始めるなーちゃん。


ゆっくり・・・ゆっくり・・・
心の中で唱える。
1曲目、無事に終了・・・・
言われたとおりに曲の間にちゃんと手をお膝に乗せる。

2曲目。
頑張れ・・・・頑張れ・・・・
そうそう、、、、、


あ、あれ( ̄Д ̄;;

2曲目はなんと繰り返しを忘れてしまったらしい。
繰り返さずに手をお膝に置き、またわたしのほうを振り返ってみるなーちゃん。
目が(終わったよ!どうする?)と言っているようだ。


(うん、うん!いいよ!立ってお礼!)
うんっ・・

今度はちゃんとお辞儀をし、舞台の袖に消えるなーちゃん。
人一倍大きな音を立てながら拍手をするてんきち一家(もちろん家族総出で行っていました)。

できれば溢れる涙を拭うこともなしに、スタンディングオーベーションでアンコールをリクエストしたいくらいだったヽ(´▽`)/




ピアノの発表会





幼稚園児は皆で手を繋いでお歌を歌うというプログラムもあったのだが、なーちゃんはやはりわたしの目をまっすぐに見ながら歌ってたので、ずっと口パクで同じ歌を歌ってやった。




そしてコチラが昨日の晩御飯。
ザ・焼肉!

疲れていたので全体像なし、肉もパックから出してもないし(笑)


そして頑張ったなーちゃんの為に買ったケーキ。


ケーキたちヽ(´▽`)/


上手だったよ!なーちゃん。
めっちゃ上手だった~~~~~ヽ(´▽`)/
(ええ、親バカですとも!そのとおり!)


テーマ:ご飯日記(写真付き) - ジャンル:日記

  1. 2006/10/30(月) 11:13:06|
  2. 不思議少女なーちゃん

続なーちゃんの右手(左手でもいいことにする)

2006年10月27日(金)

昨日の10月27日金曜日の晩御飯
揚げじゃがいものそぼろ煮 by chakoママ
*ブロッコリーのとろみシーフードミックス炒め
*生野菜のサラダ
*もやしとお揚げの味噌汁


男爵ほくほくヽ(´▽`)/


揚げジャガの甘辛いそぼろ煮は北海道の男爵芋を皮付きのまま一旦レンジでチンしてから油で揚げてあります。
ついでに緑のポテトも入れちゃったヽ(´▽`)/
ほっくほくで甘辛で、ご飯が進んでしまうお味~♪
すぅが気に入ってぱくぱく食べました。


デザートはお気に入りのコチラ。
マンゴープリン



ご褒美リッチマンゴープリン







先日の「なーちゃんの右手」の記事を思い返していただきたい。

記事の最後に貼り付けておいたわたしの下手っくそな絵なのだがこれ・・・一旦書いて記事に貼り付けた後で、

あ!(゚Д゚)
「なーちゃんの右手」って題なのにわたしが書いたのは左手じゃん!
と、すぐにまた書き直して貼り付けたのだが、これがどうして難しい。

今紙とペンがある方は試してみて欲しい。

どう?左手は書きやすいのに右手の難しくない?!


これはちなみにパソコンのマウスを使って書いてるのでもっと難しい(;´Д`)ノ


苦労して書いたのがあれ程度・・・・しかもなーちゃんには怖がられ(京女。さんはドラえもんの道具みたい!と喜んでくださったが、kamちゃんには怖がられたし 笑)すっかり母さんは嫌われてしまった。



マウスで書くのって難しい~~~~
との心の叫びが通じ、とあるブロガー様からご好意で寄せられた「決定版!!!目がついた手のひら」がコチラだ。




手のひらにある目



リクルートスーツ着用(?)、ありがとうございますッ!
とてもマウスで書いたとは思えない高度な仕上がりに脱帽ですッ!


これを今朝見たなーちゃん、
「ああ、これってさ、お空を見るときになーちゃんがやってるやつか!!」
って通じてたし!!!!!!!

(わたしの絵では伝わらなかった)
ァ '`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、



だってなーちゃんの手にはお目目がついてるんでしょう~?って言いながらなーちゃんの手のひらを見ていたら、どうしてもここに目を書きたくなった母。
マジックで書いてもいい?とダメもとで聞いてみると、

「じゃあさぁ、こうしなよ!」
と彼女は・・・・・











賢い!


こうしてくれた。
(ちなみにおもちゃかぼちゃの目のシール)


最初からこうすればよかったんじゃん!!!わたしッ!



テーマ:ご飯日記(写真付き) - ジャンル:日記

  1. 2006/10/28(土) 09:23:45|
  2. 不思議少女なーちゃん

道徳のお勉強です

2006年10月26日(木)

本日10月26日木曜日の晩御飯
*鯖のおろし煮(生協の)
*カボチャのレンジバター蒸し
焼肉屋さんのサラダ by のんち
*やまぶしたけのお吸い物
*里芋のゆずとんサラダ
*蓮根の金平



お約束のさかなの日


オットが晩御飯いらないというので、魚の日ヽ(´▽`)/


焼肉屋さんのサラダをするために買ってきたサニーレタスと待つのみ、じゃなくって松の実なんだけど、このサラダ!
わざわざ買ってきた甲斐があったわ~!
シンプルなのにも~美味しいのなんの・・・かなりの量のサニーレタスがホントにわしわしと食べられちゃう。
サニーレタスって普通のレタスよりちょっと苦味があるような気がしてあんまり買ったこと無かったんだけど、レタスよりずーっと柔らかくって食べやすいね。
もっと早く作ればよかった・・
子どもたちもわしわし食べました。








今月末に自然学校と言う名の大イベントに出かけるてんきちたち5年生だが、自然学校へ向けて道徳の勉強もしているらしい。

家に帰ればいつもそこにいる温かい家族にも会えず、「今日はこんなことがあってん」とちょっとした愚痴を聞いてもらえる優しいお母さんもいない。
まさに24時間常に友だち同士で生活する1週間、喧嘩することも仲間割れすることもあることだろう。
さらには自分達で相談して物事を決めたり、思っていることを仲間たちに適切な表現で伝えること、誰の意見を通すことに決めるかなど、様々な場面が出てくることだろう。

そんなわけで、友だち同士仲間同士でどうやって意志の疎通を図るのか、精神的なところからの勉強となっているらしい。


今日偶然、てんきちの道徳のプリントを見てしまったわたし。

ほっほぉーーーーなるほど、「相手の気持ちを確認する聞き方」についてか・・・。

どれどれ・・・


相手の気持ちを確認する聞き方


仲間はずれにするAさんに、どうして自分を仲間はずれにするのかと責めるんじゃなく
「ぼくが何かキミ達を怒らせるようなことをしたんじゃないかなって気になって落ち込むんだ」と話しかける場面。

Aさんは
「俺達がいじわるしているって言うのかよ。お前が勝手にそう思ってるだけじゃないのかよ」
と言い返す。

このときさらに言い返すのが流れなんだろうと思いきや、ここで相手のAさんの気持ちに立って考えるのがこの勉強のポイントらしい。
Aさんは自分に「勝手にそう思ってるだけじゃないか」と言っているので、自分が言ったことは「言われたこと自体心外だな!思い違いさ!」ということになる。

そのことをAさんに確認する。
「僕がキミ達がいじわるだと言ったようで、嫌な気がしたんだね。僕が考え違いをしていたんだね?」

と、いう流れだ。

さ、ここで問題だ。
友だちの気持ちを聞く聞き方の練習をしてみよう。

そうじをさぼっている友だちに「困る」気持ちを伝えたら、「いい子ぶるなよ」と言われた。



「いい子ぶるなよ」(゚Д゚)!!!!
た、たしかに・・・・
いい子ぶってるかもしれん・・・・(-公- )
しかし、何と言えばいいんだ?!


先の例題から考えると、ここは相手の気持ちを考えねばならないのだから、そう・・・例えば・・・・

「キミは僕が掃除をさぼっていると言ったことに対して怒っているんだね?

いい子ぶって悪かったよ。」



い、イカン( ̄Д ̄;;
これでは掃除をしてもらえないじゃないかil||li _| ̄|● il||li


「キミは掃除をしないとなじるボクに対して腹が立ったのだね?

いい子ぶっているつもりはなかった・・悪かったよ。
じゃ、ボクがひとり掃除すればいいんだね。」

だ、ダメだil||li _| ̄|● il||li


そうか、わかったぞ、こうか?


「言い方が悪くてキミを怒らせてしまったようだよ、悪かった。

キミ、何か今、掃除以外にやらねばならないことがもしやあったのではないだろうか?

もし僕に手伝えることがあれば言って貰えないだろうか。
よかったら掃除を一緒にしたあとで手伝うことができるよ。」




以上、少しキザっぽさを全面に醸し出しつつ表現してみましたヽ(´▽`)/
(注意:これが合ってるかどうかはわかりません(;´Д`)ノ全てわたし個人の考えです)


ってこの辺りでてんきち師匠の答えを見てみようか。








師匠のお答え




il||li _| ̄|● il||li

早速もう喧嘩売ってる(;´Д`)ノ






案の定、先生に





あきれ返る先生(;´Д`)ノ




呆れられる始末( ̄Д ̄;;



さらにこの下の問題では・・・

友だちに貸していたマンガの本を返して欲しいと言ったら、「僕たち友だちだろう?ケチくさいこと言うなよ」と言われました。
と、言うものだったのだが、ここでも師匠は・・・・








厳しい兄さん(;´Д`)ノ



もうね、兄さん、相手の友だちの意見を真っ向から全否定ですから(;´Д`)ノ





今夜はみっちりと話し合う必要があるかもil||li _| ̄|● il||li


テーマ:ご飯日記(写真付き) - ジャンル:日記

  1. 2006/10/26(木) 20:05:03|
  2. てんきち兄さん

なーちゃんの右手

2006年10月25日(水)

本日10月25日水曜日の晩御飯
*豚コマの竜田揚げ ほうれん草とレタスを敷いて悪魔のソース&マヨで
*坊ちゃんかぼちゃのバターレンジ蒸し
*里芋のゆずとんからしサラダ
*ほうれん草とツナのオイマヨ和え(レシピはコチラ
*牛蒡とお揚げの味噌汁


食欲の秋?




ゆずとんからし
をね・・・

こうしてマヨと一緒にサラダにして和えるのもめっちゃお勧めなんだけどさ、、、、、、









インスタントラーメンに入れると美味しいんだよ(実証済みだから! 笑)







マンションのベランダから眼下に広がる景色というのは、子どもにとってワクワクするものらしい。
上から見られているとも知らずに通り過ぎていく人たちを飽くことなく眺めたり、公園で遊んでいる子を羨ましげに眺めたり。

しかしうちのベランダからは見えるその景色も、残念ながらマンションのエレベーター前の手すりからはどうしても背が届かず、爪先立ってもジャンプしても景色が見れないなーちゃんとすぅ。

エレベーターの待ち時間が少しでもあるときには、必ずと言っていいほど
「見たいよ!見たいよ!抱っこして抱っこ!」
と2人して母にすがり付いて来ることになる。




「あたしが先!」
「いやぁ~すぅちゃん~」
と、騒ぎ立ててるうちにすぐにエレベーターは来てしまうので、なかなか抱っこもしないことになっているのだが、たま~に、ごくたま~に、わたしの気分に余裕があるときなどは順番に抱っこしてやり、外を見せてやることにしている。


この前、エレベーターがなかなか来なかったので久しぶりに抱っこしてやり、外を見せてやっていた。

まずすぅからね、とすぅを抱き上げ、
「見えた?見えた?もういい?」
と次になーちゃんを抱っこしてやらねばとすぅに見たかどうかを確認して降ろそうとしていたまさにそのときだった。

何故かなーちゃんが右手を挙げている。


真っ直ぐに。

手のひらを外にむけて。









( ̄_J ̄)ん?


と思いつつ、すぅを降ろそうとすると、

「あ!いーのいーの!そのまま、そのまま!

すぅちゃんは見えないから抱っこしておいてやって!


なーちゃんは今、手で見てるから大丈夫ヽ(´▽`)/」



手で見てるから大丈夫ヽ(´▽`)/







って、

ヾ(;;゚Д゚)ノ 工工エエェェェェェエエ工工













それ以来、なーちゃんは「手で見る」ことが異常に気に入ってしまい、あれからエレベーターの待ち時間があると必ず右手の手のひらがマンションの手すりの上に出るように真っ直ぐに挙げて満足している。




こんな感じなんだろうか




「見える」、らしいです(絵がすぅ並みに下手ですみません)。







ちなみになーちゃんは体の一部を耳に見立てることもあった





テーマ:ご飯日記(写真付き) - ジャンル:日記

  1. 2006/10/25(水) 19:43:04|
  2. 不思議少女なーちゃん
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。