FC2ブログ

母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記

毎日の晩御飯の記録と、出来事の記録。「てんきち母ちゃんちの毎日ごはん1~3」発売中ヽ(´▽`)/「オッサン弁当」の本、出ました!

ハンスさん、よろしく

2007年1月25日(木)

本日1月25日木曜日の晩御飯
*縮みほうれん草の鮭たらこあん
ピリッと旨いきのこの常備菜
◎やまと芋の豚バラ巻き巻き◎
*ハニーセサミ納豆
*味噌汁


こんにゃく人気



あれ?例の「ダ」のつく無駄な抵抗はどうなった・・・と自分のために作ったきのこの常備菜。
今日から当分これを食べ続ける予定。
あ、こんにゃくだけを取っていくのはやめてね。
あなた達はもっとカロリーのあるものを食べていいんだから。

納豆の味に飽きたので、そういえば何年か前にニューヨーカーがこうやって食べるとテレビで見た方法で食べてみた。
なんと蜂蜜と胡麻、そして少量の醤油入り。

意外に美味しいかも(笑)
勇気のある方はお試しあれ。

ところでこの納豆を混ぜながら、手元が狂って胡麻の入った袋を取り落としてしまった母。
しかもこの胡麻、徳用サイズ袋で先週買ってきて開けたばかりだった。

さらに悲しいことに袋はまさに真っ逆さまに落下したので口が下を向いていた。


やっちまいやがった!!!!!!!
乾燥して油分と言うものが全く失われ、胡麻の入った袋をしっかり掴めていなかったこのカサカサ手のひらを恨む(;´Д`)ノ

しかしきっと床に触れていない部分は綺麗に違いない・・・とまるでどこかの菓子メーカーの工場のような精神で拾い集めてまた袋に入れた。
床に直接触れていた半分以上は掃除機でズビズビ吸ったが、かなりショッキングな映像だった(;´Д`)ノ






只今幼稚園では2月に行われる「発表会」に向けて全クラス猛練習の毎日だ。
1年で最も寒い時期に重なるとあって、すぅのように風邪っぴきで休んだりする子が多発すると全体練習がなかなか出来ず、先生も苦労されると聞く。
年少のすぅは台詞が一言しかないので問題はなさそうなのだが、年長組ともなると台詞を覚えるにも一苦労だ。
ナレーター役の子などは特に長台詞がある為、子ども達はそれぞれ台本をコピーしてもらって家で自主練習となる。


なーちゃんも、先日自分の台詞のコピーを持って帰って来た。



持って帰って来た初日。
母さんに「ちょっと読んでみ」と促されて、つっかえつっかえながらも読み出す(もちろん棒読みもいいとこで)。

台詞1「あ~ぁ、なんてこう毎日つまらないのかしら。町へ行ってもつまらない、お城の中もぜーんぜん、ぜーんぜんつまらない。何か面白いことはないのかしら。」

台詞2「あはははは、おほほほほ、あははははは、おほほほほ・・・・なんて可笑しいのかしら。」


台詞3「ハンスさんよろしく」



(これだけの台詞で劇の題名を当てられたあなたはエライ!!!!!)



先生の手書きらしいその台詞のコピー。
なーちゃん、間違って読む。


(台詞3)「ハニスさん?・・・よろしく」




母「ハニス!?


(´∀`)アハハ/\/ \

ハンスだよ!なーちゃん!!!」

なーちゃん「キャハハ!!!でもこれンに見えない~~

ハニスに見えるぅ~~~」

と言うやり取りが合った数時間後。
宿題もせずに、勝手になーちゃんの台詞のコピーを見てふざけて大声で読んでいた兄さん。


「アハハハハッ♪オホホホホ~ン♪なんておっかしいのかしら~ん♪(家の中では例の《恥ずかしさ》を感じないので、兄さん、役になりきり)


ハニスさん、よろしくぅ~♪ウフ♪(←要所要所にこうしてアドリブを加える)


どうや、兄ちゃんうまいやろう!
こうやってホンマに笑ってるように言わなアカンねんで」

なーちゃん「ハニスちゃうし!

それ、ハンスやし!(゚Д゚)!!!!」
兄貴ぶって偉そうに言ったのになーちゃんにダメ出し。



さらにその直後。
今度はすぅがその台詞の書かれたコピーを持って読んでいた。


「い、ニ、ス、さ、ん、」


ハ→い
ン→ニ



それ以来すっかり我が家ではハンスは通称「ハニス」もしくは「いニス」さんになってしまった。






今日は講堂での練習だったらしいが、家での練習が功を奏してか台詞も完璧に覚えていたなーちゃん、堂々と



「ハニスさんよろしく」
と言ったそうだ(なーちゃん本人からさきほど聞かされた)。





banner_02.gif

テーマ:ご飯日記(写真付き) - ジャンル:日記

  1. 2007/01/25(木) 19:41:07|
  2. うちの3人兄妹

箱の中身は

2007年1月24日(水)

本日1月24日水曜日の晩御飯
ご飯に合う◎トンカツ用の豚ロースの炒め物
*山芋と竹の子と厚揚げの煮物
*きんぴらのサラダ(レタス、セロリ)
シアワセ~になるチョコスフレ♪

ジューシーで甘いセロリ



きんぴらをサラダ風にするのが好きヽ(´▽`)/
今日はレタスのほかにセロリのスライスも一緒にサラダにしたが、甘くってジューシーでとっても美味しい~
野菜の中でセロリがたぶん一番好きかも(笑)


すぅは今朝は全く熱はなく、顔色も普通でどちらかと言うといつもよりも元気だったくらいだが、今日も幼稚園はお休みし(ズル休みと言う)母さんとまったりと過ごした。
赤ちゃんに返って母さんを独占、すぅは大満足だった。



昨日は密かに誕生日だったわたし。
去年の自分の誕生日には、自分の為に自分でデコレーションしたケーキなどを用意したにもかかわらず、その日の晩にオットが名前入りデコレーションケーキを抱えて帰って来た。
たしか数日間にわたって冷蔵庫を占拠していたケーキたち。
今年は去年の失敗を踏まえてってわけでもなかったのだが、なーんにも用意しなかったら、オットも何も買って帰ってこなかったil||li _| ̄|● il||li


手ぶらで帰ってくるオットを捕まえて、


わたし「あれ?愛する美しい妻の為に素敵なケーキを抱えて帰ってくるとかないわけ(笑)」


オット「なんや、今年はケーキ焼いてへんの」


こんなところばかり気が合う夫婦(;´Д`)ノ




ところでオットは手ぶらだったが、、、、、、、、



プレゼント




夕方、食事の仕度をしているときに我が家のもうひとりの男に紙袋に突っ込まれたままぶっきらぼうに渡された。

「あの、これ。」
台所に手だけを突っ込み、早く受け取れとばかりにぶらぶらさせている。


母「ハ?なにこれ。
誰に貰ったん?」

赤い包装紙に包まれたそれは、季節柄バレンタインのチョコに思えた母。

ま、まさか・・・・まさかフライングで誰かにチョコを貰って帰って来たのでは!!!!!!!!人生初バレンタイン!!!!!!!!!
相手は誰だろう!!!
しかもでかすぎやしないだろうか!5年生にしては!!!!!
ってか、なんで自分で開けないんだろう。
恥ずかしいんだろうか・・・

中身を見ようと紙袋に手を突っ込み、箱を取り出す。





「・・・・・・あ、いや、これあの、、、

母さん誕生日やから。


・・・・・・プレゼント」




母「・・・・・・・マジで!・・・」



昨日は学校から帰ってきてから宿題もせずに
「ちょっと△△にゲームを返す約束してるから。
すぐ帰ってくる!」
と飛び出していった。

一昨日もたしか
「ちょっと図書館行って来るけど、すぐ帰ってくるから」
と飛び出して行っていた。


「昨日も今日も店でずっと母さんが欲しい言ってたル・クルーゼのお鍋を見てたんやけど、やっぱりレジに持っていくのが恥ずかしかったからやめたんや・・・・

でもこれを買うときも、バレンタインのチョコを買う女がいっぱいおって恥ずかしかったわ・・・」


お小遣いを握り締めてこっそりひとりでスーパーへ行っていたてんきち。

最近では買い物を頼もうと思っても
「恥ずかしいから行けへん」
と言ってスーパーへ行くのも拒否していたのに。

箱の包装紙を開けながら「ひとりで買い物をする少年」を想像して涙が出そうになってたまらなかったので、わざと背中を向けてしまった。

「ありがとう、うーーーわ、すげーーーなぁー!マジ!
めっちゃうまそうやん!
マジでありがとうなぁ~」


顔を見ながらは言えなかったので、箱の中身を見ながらお礼を言ったが、てんきちは嬉しそうに
「うん」
と言っていた。



これが中身(笑)





何故に馬・・・・(゚Д゚)??


いや、馬が重要なのではなく、「ベルギーチョコ」と書いてあったので買ったそうだ。
チョコ中毒の兄さんらしいセレクトだったヽ(´▽`)/

ル・クルーゼのお鍋を買おうとしてくれようとしていた兄さん。
馬顔チョコでも母さんは死ぬほど嬉しかったよ~ つД`)・゚・。・゚゚・*:.。


banner_02.gif

テーマ:ご飯日記(写真付き) - ジャンル:日記

  1. 2007/01/24(水) 19:15:46|
  2. てんきち兄さん

真夜中のクイズ

2007年1月23日(火)

本日1月23日火曜日の晩御飯
@鶏とピーマンのシンプル中華炒め@
酒飲みの酢~ダラ
*焼き芋ガレット
*味噌汁
やずやの発芽十六雑穀


全く誕生日っぽくないし( ̄Д ̄;;



「もちもち」とか「ぷちぷち」とか「歯ごたえ」とかにとことん弱いんだよね。
雑穀ご飯


買っちゃったヽ(´▽`)/

めっちゃくちゃ栄養がある!とか、食物繊維や良質な蛋白質が・・・とかそういうの以前に、美味しい♪
食感を口の中で楽しむ為のご飯だと思う。
普段どっちかと言えばおかずだけ食べればご飯はいいかなってタイプのわたしが(ってかご飯より黄金色のしゅわ~っとしたヤツがあればいいかなって)、見てよ珍しいこの大盛り。

お塩だけでおにぎりにしたら絶対ウマイよね~と、てんきちと意見も合った(ちなみに兄さんおかわり4杯はやめてね、パパのご飯がなくなるから)。

勿体無いから2日に一回にしようかな。
いや1週間に1回にしようかな→ふっくら、もちもち、やめられないおいしさ





さて。
記念すべき(?)さんじゅうウン回目の母の誕生日は、すぅの激しい咳き込みで幕を開けることとなった(;´Д`)ノ


もうすぐ夜が明けるころなのかなぁ、ちょっと熱っぽいから幼稚園は無理かなぁ・・・なんて思いながら背中をトントンしてやり、普段聞かれないような優しい声で
「よしよーーーし~」
と言いつつ自分もうとうとしかかっていた。



そのとき。


ひときわ激しく咳き込んだ拍子に、お布団の上へ今にもご返品開始を予感させる不吉な音がil||li _| ̄|● il||li




人は眠たい時に咄嗟に何をしたらいいのかわからなくなるときがある。

今にも布団の上へ昨夜の晩御飯の一切合財をぶちまけようとしているすぅを見て、オロ(;゚Д゚)ノヽ(д゚;)ノヽ(゚ )ノヽ( ゚)ノヽ(;゚д)ノヽ(゚Д゚;)オロ何をしたらいいのかちっとも頭に浮かばず、ただ布団の上に座ってそれを眺めていたらしいわたし。

(゚Д゚)ハッ!

ち、違う!見てる場合じゃない、こんな緊急の場合は何をすればいいんだったっけか!
次の瞬間には部屋の電気を点けることを思いつき(あれ?まだ2時半だったんだ、もう6時ごろかと・・・と夢うつつに思ったことを覚えている)、裸足のまま洗面所に飛び込む。



・・・・・・何を取りに来たんだっけ( ̄_J ̄)?


洗面所に来てはみたものの、何をしにきたのか分からなかったのでとりあえず近くにあった手拭きタオルを引っつかんですぅの元に走ったらしい。
残念ながら数時間前に食べた晩御飯の半分以上はお布団の上に海になっていたが、半分は手拭きタオルが受け止めた。

タオルをすぅの口元に持って行きながら思ったのは
(タオルじゃないだろ、必要なのは!!!!!!)
ってことだった(ま、タオルでもいいんだけどさ、タオルはこのあと捨てなきゃなんなかったからさ)。



ビニール袋、そしてティッシュ、できればウエットティッシュプリーズ!


すぅは胃の中が空っぽになって楽になったらしい。
機嫌が良くなり、ケラケラと笑い始めた。

すっかり目が覚めた母さんがシーツを取替え、布団の上にバスタオルを敷き(再度ぶちまけた時の為に保険で)すぅのロングヘアーを丹念にウエットティッシュで拭い(再度ぶちまけた時の為に保険で髪の毛は後ろで束ねられた)、パジャマも着替えさせ、お熱を計ってやってからようやく部屋の電気を消した。

熱の為に(このとき38度少々)ハイになってきたらしいすぅ。
なかなか今度は眠れない。

コソコソ話をしているつもりらしいのだが、ありえないほどに大声を出すので隣で眠っているなーちゃんが起きやしないかとヒヤヒヤした。


すぅ「母さん、お手手繋いで~よぉ
すぅちゃんのハンカチ、げろついてない?ホントに?

すぅちゃん明日幼稚園お休みするの?
明日のお給食は何?
わかんないんだったら、今見てきてよぉー(冷蔵庫に献立表が貼ってある)
母さんお給食貰いに行く?
すぅちゃんも行きたい!!!
なーちゃんは幼稚園行くの?
じゃあ誰と行くの?」


(もうお喋りをやめてねんねしなさい、と母さんに諭される)


すぅ「ん、分かった。




おやすみ、母さん。
母さん、おやすみは?




(わずか3分後)






なーちゃぁ~~~~~~~~~~ん!
あのさ、すぅちゃん、げろしたぁ~~~~~~~~~」


(静かにしなさい、母さんに怒られる)


すぅ「はい分かりました。


でもさー、すぅちゃんさぁ~、やっぱ明日の朝はパンにきなこを乗せてー・・・

ちょっと静かにしてみ!(いや、母さんは一言も喋ってませんよ)



これは何の歌でしょう?」



母「・・・・・・( ̄_J ̄)え」

すぅ「ほら、コレッ!よーく聞いてみ」

母「・・・・・・・・・( ̄_J ̄)ん」

すぅ「わかんないの?母さん。
ちゃんとよーく聞いててよ。

ヒントは《と》がつく歌だよ」

母「ハ?( ̄_J ̄)・・・・」


いやいや、ってか歌なんて歌ってないじゃん、すぅちゃん。
まさかこんな真夜中、外から歌なんて聞こえてきてないし・・


(゚Д゚)ハッ!
ってまさか、、、、、、


すぅの頭の中に掛かってる音楽かなんかでしょうか( ̄Д ̄;;


何の歌でしょうって問題出されても、母さんすぅちゃんの頭の中の音楽まではちょっと判りかねますが、、、、

すぅ「ブブーーーーーッ!
正解は!


《と》がつくよ~・・・《とな》・・・さ、なんでしょう。」

母「(結局答えさせられるのか)トナカイ?」

すぅ「トナカイの・・・?う・・・?《う》がつくよ~

母「(なんでそんなにノリノリなんだ)トナカイのうた?」


すぅ「ピンポーーーーーーーォン!正解ヽ(´▽`)/」


トナカイの歌→赤鼻のトナカイのことと思われる。
(しかも季節はずれ)


ハイになりすぎたすぅに付き合うこと1時間。
今朝はなかなか起きられなかったil||li _| ̄|● il||li


午前中はかかりつけの小児科を受診したが、インフルかどうかはまだ判断に早すぎるらしく、明日以降に持ち越された( ̄Д ̄;;

このまま熱よ下がってくれ!!(祈)

banner_02.gif






テーマ:ご飯日記(写真付き) - ジャンル:日記

  1. 2007/01/23(火) 19:33:31|
  2. 野獣すぅ

わたしがオバサンになったら~

2007年1月22日(月)

本日1月22日月曜日の晩御飯
蓮根好きのオットへ送る◎◎ボリュームタップリ蓮根の甘酢あんかけ
高野の蒲焼き
あと一品って時のお助け@じゃがにんじん
*お吸い物(ワカメ、たらこ、溶きたまご)


細々色々作りましたヽ(´▽`)/



コチラ、本日のおやつ。

本日のおやつ

シアワセ~になるチョコスフレ



「中年」



恐ろしいその響き(;´Д`)ノ
その言葉ののちに続く「女」だの「太り」だの、聞けば眉がぴくっと引きつるその容赦がない言い様。

「中年」ではなく「年中」ならばどんだけ良かっただろう。
(すぅは今年少で、4月には年中になる)

いや、決して自分が中年ではない!とは言わない(言えない)。
もう随分昔から「若者」とはいえない歳になり、れっきとした世間一般で言う「中年」に差し掛かっているであろうわたし。

しかし「中年」とは一体何歳くらいのことを指すのだろうか。
調べてみたところ「成人として中くらい年齢を指し、つまり伝統的には30代、すなわち青年期を終えた20代後半から壮年期を終え、初老の域に入る40歳前までを指す。」とある(なんと!!(゚Д゚)初老とは40歳からなのか!!)。
しかし、現在の社会情勢からは30代の人間に対して「中年」と言い放つことは失礼にあたるらしく(そりゃそーだ)、中年と呼びたいのであれば50代以上のお方を中年と呼んでおけば間違いが無いということであった。


しかし昔々、若かりし頃は思ったものだった。
「アナタがオジサンになるなんて想像も出来ないわ~ヽ(´▽`)/」

「たとえオジサンと呼ばれる年齢になったとしても、アナタだけはきっと俗に言う〔オッサン〕っぽくはならないと思うの♪」



お肌についた水滴がコロコロッと玉のように転がっていたあのピチピチした時代に思っていた中年のオッサン像とは・・・

1)喫茶店のおしぼりで手だけでなく首だの顔だの腋の下だのを拭く。
2)所構わずカーーーーーッペッ!!!!恐ろしい音を立てながら痰を吐く。
3)オッサン独特の加齢臭が布団に染み付く。
4)周りが引いていることに気づきもせず、くだらないオヤジギャグを何度も言う。





絶対に絶対にアナタだけはオッサンになんてならないわ♪なんて目の中にハートを入れて見つめていた若かりし頃の彼。


現在わたしの隣にいるオットはと言えば・・・・・静かにテレビを見ているのかと思いきや99パーセントの確率で寝ているオット(現在41歳)はあの時の若く颯爽とした彼とは全くの別人なんじゃないかと本気で思う今日この頃。



♪ワタシがオバサンになったら~♪
偉そうに言っているわたしはどうなんだろうか。



若い子が思う「オバサン」像。

1)結婚前は考えられなかったが、化粧をしないでいる日がある(昔は彼に眉毛の無い顔は決して見せなかった。寝起きでさえも)。
2)ウエストがゴム製の服を愛用している。
3)ありえないほどダサい赤い半纏を着る。
4)真冬になるとジーパンの下にタイツを履く(そしてジーンズと言わず、ジーパンと言う)。
5)おまけにその上に膝まであるような長い靴下まで履く。
6)もはやババシャツは自分の肌の一部になっている。
7)見た目より機能性を大事にする服。
8)たまに靴下の裏がシースルーになっているが、気がつかなかったふりをしてそのまま履いている。
9)開店前からスーパーの入り口に並ぶ。
10)1パック78円の卵を買うことをその日1日の目標にする。
11)賞味期限の切れたスモークサーモンを平気で食べる。



il||li _| ̄|● il||li
本気でヤバイな。


banner_02.gif

テーマ:ご飯日記(写真付き) - ジャンル:日記

  1. 2007/01/22(月) 19:25:49|
  2. 日々のつぶやき

ありがとうなーちゃん つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

2007年1月21日(日)

昨日の1月21日、日曜日の和洋折衷晩御飯
@コロッケの材料で@お子ちゃまメニューじゃがピザ♪
塩味ゆずとん牛蒡
*ミートソースピラフ
*慌てて作った保険の豚のおろし和え
*味噌汁
*セロリとじゃこのご飯の友


まとまりなしΣ(゚口゚;


冷蔵庫にあったいつだったか作ったミートソースの残りを見て、そうだ!炊き込んでピラフにしよう!と思いつく。

やっぱり、ミートソースをケチって使うことにして半分はジャガピザの具にしようと思いつく(なんていいアイデアなんだろう♪自画自賛)。

スープを作るのが面倒だったのでついつい味噌汁を作ってしまう。

新牛蒡でなんとなくきんぴらを作ってしまう。

あれ・・・・なんかもしかしたら肉星人が怒りそうな予感がする・・・しかもジャガピザの量も微妙だ。

保険に、昼にラーメンに入れた豚の切り落としの残りで一品作ろうかな・・

保険を作ってる途中に、冷蔵庫には賞味期限が20日になっていたスモークサーモンを発見する。

明日まで置くとヤバイかもしれない。
しかも既に1日過ぎているし(;´Д`)ノ

仕方なくレタスを洗って玉ねぎもスライスにし、スモークサーモンのマリネにする。

食べる直前まで冷やしておこうと冷蔵庫に入れるが、スモークサーモンのことを思い出したのは食後だったil||li _| ̄|● il||li




他にも色々あって凹みまくりの母さんをなんとか励まそうとしてくれる、なーちゃん。

風呂に入れば母さんの背中を流してくれるし、ついでに泡だらけの手で肩を揉み、湯船に浸かっているときは母さんの足の爪を1本ずつ丁寧に磨き(ネールアート屋さんごっこと言う)、さらには風呂から上がったら腰のマッサージもしてあげるからね!!と大サービスだった。
(ちなみにすぅはその間ずっと母さんの膝に座り、「母さん笑って。母さん笑ってる、がすぅちゃん好きだから(゚Д゚)!」と励ましてくれていた)



なーちゃん「お風呂から上がったら、今日は腰を踏んであげるわヽ(´▽`)/」


母「ありがとう。でもさっき肩も揉んでくれたし、明日は幼稚園だし、早く寝ないとねぇー」


なーちゃん「ううん。大丈夫よ。


なーちゃんとすぅちゃんはさっきソファーでテレビ見てるときにちょっとだけ寝ちゃったけど、もう今は乾いたから大丈夫だから♪」








・・・・・・・・乾・・・・・( ̄_J ̄)




眠たい⇔眠たくない



眠たい⇔乾いた

眠たい時=湿
眠たくない時=乾


ありがとう、母さん一気に元気でた(´∀`)アハハ/\/ \



おまけ*朝ごはん*

昨日のきんぴらを乗せたトースト&ホットコーヒー。
今朝のわたしが食べたものだ。




冷え冷えのスモークサーモンのマリネのことをすっかり忘れて。




banner_02.gif


テーマ:ご飯日記(写真付き) - ジャンル:日記

  1. 2007/01/22(月) 10:08:12|
  2. 不思議少女なーちゃん
前のページ 次のページ