FC2ブログ

母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記

毎日の晩御飯の記録と、出来事の記録。「てんきち母ちゃんちの毎日ごはん1~3」発売中ヽ(´▽`)/「オッサン弁当」の本、出ました!

ダンス教室へ行く

2006年4月27日(木)

本日4月27日木曜日の晩御飯
*チキンナゲットみたいなささみのピカタ(ばーちゃんのレシピはコチラ)レタス&プチトマト 粒マスタードのハニードレッシングと、バーベキューソースを添えて
大豆といりこの甘辛
*辛子明太子のネギ油和え
*味噌汁

甘いもの
*プリン

プリンのお肉


「このプリンのお肉、また作ってや!また作ってやぁぁあ~?!」byすぅ


プリン・・・黄色いから?
注意)別にプリンの味がするわけではないので


最近辛いものに目覚めたてんきち。
キムチに舌鼓を打つようになったと思えば、いつのまにか辛子明太子もバクバク食べるようになっていた( ̄Д ̄;;
(不経済なのであまり食べさせたくないんですがねご飯を4杯もおかわりされてしまうし)






ひと月ほど前だったか、なーちゃんとすぅをジャズダンスの体験レッスンを受けさせてやったことがあった(このへんに書いてます)

すぅの年齢が足らずレッスン内容についていけないことや、レッスンを受ける子供たちの年齢幅が広すぎること、それにひと月のレッスン料が目の玉がおん出るほどにお高めだったこともあって(まっ、正直それが一番の理由なんだけどさ)、結局入会は見送り、やりたがっていた本人たちには(驚くなかれ、あのすぅまでもがやりたがっていた)それぞれに
「今回は止めようね。もうちょっと大きくなったらやろうか!」
等と言葉を濁していた。


と、諦めていたところへ、ダンスサークルなるものへのお誘いがきた。
これはお教室ではなく、あくまでもサークルのようなものらしく、毎週公民館で開かれるのだが、レッスン料がとぉ~~~ってもリーズナブルヽ(´▽`)/
しかも年少さんから受け入れオッケーと来た!

ダンスを諦められずにいた、ゴリエちゃんに憧れるなーちゃんには朗報だ!
早速昨日、そんなわけで体験レッスンに参加させていただいた。


行ってから知ったのだが(笑)、こちらのサークル、ヒップホップ系
いや、ヒップホップ系っていうのが何なのかとかも、ホントはよくは知らないわたし( ̄Д ̄;;
踊る曲調が違うってことなのか?
イエーィチェケラッチョ!系?
だぼだぼズボンにキャップを目深に被る系?
アフリカ系アメリカ人のラップ調ミュージック?
頭を下に逆立ちになって頭を軸にコマ状態で回転したりする?


何はともあれレッスンの1時間、テンポの速い軽快な音楽に合わせてかなりハードな動き。
ついていけるのかしら・・・との母の心配をよそに、全く躊躇せずにクラスに溶け込み先生の真ん前で腰を振って楽しそうに踊るなーちゃん。






ん?( ̄_J ̄)ん?
すぅはドコだ?




Σ(゚д゚;) ハッ


・・・・・・・いやいや、まさか先生の真横、鏡に自分の姿が映るのを常に確認できる位置(先生の後方の壁は一面鏡張り)で満足げに鏡に向かって自分に微笑みながら踊ってるナルシストは・・・あれはまさかすぅですかil||li _| ̄|● il||li




何曲か続けて楽しく体を動かして踊った後で、後半はどうやら1曲の音楽に合わせて完成させたい踊りの練習をするらしい。
最初の部分・・・舞台の袖から出てきて踊り始め・・・と言うところから、何度も何度も繰り返し繰り返し練習が始まる。
二手に分かれて舞台の袖に入り、そこから音楽に合わせて舞台に出る。
舞台に上がれば、床には先生が生徒の人数分貼っておいて下さっているビニールテープのしるしがある。
舞台に立つ時に隣の子とぶつからないように立つ、と言う配慮のためのモノだ。
音楽が鳴ってイエェ~イチェケラッチョ!と出てきながらバラバラになり、そのビニールテープの上に散らばって立てばよい。


しかしなーちゃんは踊りよりもむしろそのビニールテープが気になって気になって仕方がなくなってしまった。
舞台の袖から音楽に合わせて踊りながら出て来つつ、ビニールテープの上に立つ。
このときどのテープの上に立っても構わない。
30人以上もいる子供たちの中で、ここは誰それのテープ!だなんて主張する子なんて一人も居ないし、人数分のテープはちゃんと貼ってあるはずなのだから。

しかしなーちゃん。
気分はもうひとり椅子取りゲーム。
舞台の袖から出てきつつ、いや一人だけ明らかに歩幅広く飛び出し、音楽に合わせて踊ることもせず、ただ目指すはひとつのビニールテープのしるしの真上に立つこと。

立ったら最後、先生のお手本を見ながら踊ることもせずただ満足感に浸ってしまうので、踊りはかなり疎かになっているのが手に取るようにわかったil||li _| ̄|● il||li




そしてすぅ。
最初の30分ほどは彼女にしてみればかなり真面目に先生の動きを真似て踊っていたのだが、そのなーちゃんがひとり椅子取りゲームをし始めてしまった曲に入ってからは、カーテンに包まってひとりかくれんぼをして遊んでいたil||li _| ̄|● il||li



夕方疲れきって帰ってきたすぅは2分で寝てしまったが、なーちゃんは聞きたがり屋の兄さんに捕まり、どんな踊りをやったんか、踊ってみろ!と脅され促され、
部屋で散々また踊って見せていた。


けっこう楽しげに。
鼻の穴を広げて得意満面で。



兄さん、拍手してくれるのはいいんだけどさ、宿題やったの!
まだ踊ってるの?!アンタたち!
兄さん、踊りはもういいから!宿題やっちゃいなさい!

もうすぐご飯ですよ!
兄さん!!!!!!!!
聞いてるのッ!!!!!!!!!


なーちゃんのヒップホップダンスを興味深げに飽くこともなく正座して見る兄さん( ̄Д ̄;;


ホントにダンスに興味がある子はまさか・・・・il||li _| ̄|● il||li



+++++++++++++++++++++++

昨日あんだけわたしを恐怖のどん底へ突き落とした、おっそろしい目つきで睨む女の表紙のあの例の本。
さっき読んだ。

夜に読むのもどうか・・・かといってなーちゃんやすぅのいない午前中にあの本を持ち上げるのもいやだったので、今読み途中だった本を途中やめして午後からソファーに寝そべって読んだのだが、なんていうか・・・・・・・( ̄Д ̄;;←こんな感じの評価ってことで


気がつけば途中で本を落としながら寝かかってるし(←ってか触るのも嫌だったのに気がつけば腹の上に本を伏せたまま爆睡)。


(´∀`)アハハ/\/ \
怖がらせてしまって申し訳なかったです。


こちらに参加してます→レシピブログ

テーマ:ご飯日記(写真付き) - ジャンル:日記

  1. 2006/04/27(木) 19:32:33|
  2. うちの3人兄妹