母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記

毎日の晩御飯の記録と、出来事の記録。「てんきち母ちゃんちの毎日ごはん1~3」発売中ヽ(´▽`)/「オッサン弁当」の本、出ました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

兄さんの担任の家庭訪問

2006年4月28日(金)

本日4月28日金曜日の晩御飯・・・・オット晩御飯いらない日ヽ(´▽`)/

*クリームのごはん
*パンプキンスープ

以上でヽ(´▽`)/

シンプル(笑)


ご飯だよ~~と子どもたちを呼んで、食卓にやって来たなーちゃんが一言。
「今日は野菜はないの?」


いーんだよ、野菜はスープに入ってるんだから。
せめてレタスとトマトくらい洗って出すくらいすればいいのはわかってはいたんだけどね、今日は水も触りたくないくらいお疲れだったのよぅ~


8時半、娘たちを幼稚園へ送っていく。
9時、そのまま自転車をかっ飛ばして小学校へ。
最上階にある会議室まで駆け上がり、広報部、部会。
10時10分、階段を一気に2段飛ばしで駆け下り、自転車を再び走らせて幼稚園へ、幼稚園にて母の会総会に出席。

11時30分、総会が終わると同時に午前保育の娘たちと一緒に家へ。
昼ごはんを食べながら幼稚園のほうの役員の仕事でパソコンで調べもの。
片付け、掃除機を掛け、トイレ掃除、拭き掃除。
ついでに晩御飯の下ごしらえもしつつ。
そうこうしているうちにぴ~んぽ~ん。


てんきちのクラスの担任の先生だ。

「あ、どうぞ~。良かったら上がってくださいね」
一応社交辞令のつもりで声を掛ける(今まで小学校生活4回の家庭訪問で、このように言って上がった先生は一人もおらず。同じように「よかったらどうぞ~」とこれまた社交辞令のつもりでお出しするお茶の類に手をつけた先生もまったくおらず)。


「あ、そうですか、それじゃお邪魔します」



って、
ヾ(;;゚Д゚)ノ 工工エエェェェェェエエ工工

上がるんですかぃ!(゚Д゚)
いやまぁ上がれと言ったのはわたしですがね、いやいやーーーまさか上がるとは
パニックに陥りながらリビングに案内。

ああっ・・ソファーに先ほどまで寝転んでいたのがバレバレなタオルケットの抜け殻il||li _| ̄|● il||li

ああっ・・キッチンのカウンターの上に昨日の残り物の大豆の甘辛のラップの掛かったお皿il||li _| ̄|● il||li

ああっ・・それよりキッチンは今、刻んだ玉ねぎと刻んだピーマンの青臭いにおいでイッパイil||li _| ̄|● il||li

ちなみにシンクには玉ねぎの皮やらピーマンの種やらil||li _| ̄|● il||li


バレただろうか
いやバレバレだ( ̄Д ̄;;


折角上がっていただいたんだし何か形だけでもお出ししなきゃぁ~~(いや、分かってるんです、何も出さなくってもいいってことも。先生は他のお宅でも色々出されるのに、わたしまでもが何かを出したりしなくってもいいってことも。分かってます、すみません(;´Д`)ノでもうちへきていただいたお客様に何もお出しせずにおもてなしもなしに帰っていただくことが出来ないんです・・小心者ですみません)と、そこにあったキャラメルパウンドケーキを切り、緑茶と一緒に一応出してみる。

「良かったらどうぞお召し上がりくださいね・・」
口の中でもごもごと一応言ってみる。






「あ、すみません。それじゃ、頂きまーーーす♪」




早速食べ始める先生il||li _| ̄|● il||li


あわわわわわわわ凄い。小学校の先生でも食べるのねぇ~~
家に上がっちゃいけないとか、ものを食べちゃいけないとか学校に代々伝わる厳しい掟でもあるのかと思ってたわ。

家庭訪問で食べたり飲んだり雑談するのは幼稚園の先生だけかと。


それから30分間も先生と楽しくお喋りし・・・・その間、なーちゃんとすぅは隣の部屋で大声を張り上げて遊んでいた(兄ちゃんはサッカーへ行っていたので留守)。
途中すぅが、奥の部屋へ隠していたわたしのきったない薄汚れたアニマルスリッパを履きながらリビングに入ってきた。
す、すぅったら!そんなスリッパを履いたりしてっ!


「あのね、電気、もったいない。電気、もったいないよ母さん。」


(゚Д゚)ハァ?
「消していい?すぅちゃん、消していい?」



あらヤダワこの子ったら何を言ってるのかしらほほほ・・・・( ̄Д ̄;;


すたすたすたすた・・・・・
玄関方向へそのまま歩いていくすぅ。


(゚∇゚ ;)ハッ
あ、すみませんね、玄関の電気が点けっぱなしでしたか!
勿体無いよね、そうだよね、はいはい・・





il||li _| ̄|● il||li




先生から聞いた学校でのてんきちの様子その1
休憩時間は本を読んでいるらしい。
掃除の時間、お喋りに夢中になって手が動かない子たちが多い中、ひとり上手に掃除をしてくれているらしい。
先生がこの1ヶ月ほど観察したてんきちの印象、それはずばり「クールな男」らしい。



先生から聞いた学校でのてんきちの様子その2
給食に出たひじきと大豆の煮物。
児童に全く人気がなく、大量に余っていたらしい。
誰かおかわりしませんか~!先生が声を掛けるとてんきちが2回ほどおかわりに来てくれた。

先生「てんきちくん、ありがとう!キミはひじき、好きなの?」

てんきち「いや、家のほうが美味しいけど」



ヤダワてんきちったらプニュ( ´∀`)σ)Д`)





終始和やかに先生と歓談し、時間となったので(いや時間は15分も過ぎていたが)、玄関までお送りした。
玄関で靴を履いている先生にすぅが駆け寄る。

「ハイ!おてがみ!」

「エッ?!手紙書いてくれたの?!ありがとう(笑)」


玄関先で早速すぅが持ってきた便箋を広げてみる先生。

+++++++++++

このような文字が延々書いてあるのみの、誰にも解読不能な恐るべしすぅ語だil||li _| ̄|● il||li





はぅ~~~~1週間ほぼ終了!
明日はてんきちのサッカー。
あさってはてんきちのサッカー試合の為、早起きして弁当製作。
週明け月曜日は早速幼稚園役員会。


今週はなかなかお返事を書く時間が取れなくって申し訳ありませんでした。
メールも沢山いただいているのですが、お返事が遅くなってます、すみません。
お返事の方、気長にお待ちくださいヽ(´▽`)/


こちらに参加してます→レシピブログ

テーマ:ご飯日記(写真付き) - ジャンル:日記

  1. 2006/04/28(金) 19:34:40|
  2. てんきち兄さん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。