母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記

毎日の晩御飯の記録と、出来事の記録。「てんきち母ちゃんちの毎日ごはん1~3」発売中ヽ(´▽`)/「オッサン弁当」の本、出ました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エビについて考える

2006年7月9日(日)

本日7月9日、日曜日の晩御飯
*久々に登場、エビフライ 生野菜サラダ、ブロッコリー、トマト、蒟蒻のぺペロンチーノ添え
*ヒジキのベーコン炒め


デザート
*ご褒美マンゴープリン


豚・鶏以外のものを


豚、鶏、予定変更!
そういえばオットがエビフライ最近してくれへん・・・・と呟いていたのを思い出し・・・と言っても昨日今日呟いていたのではなく、かなり前に聞いたような気がする・・・・思い切ってエビを買ってきた。

それでは、思い切らなければならない3つの理由を挙げてみよ。



はい、まずはエビはお高いです、先生。






次にエビは下処理が面倒だと思います。







最後にこのクソ暑いのに西日のサンサンと差し込むキッチンで、日焼けしながらさらに揚げ物をするのは苦痛以外のなにものでもありません!




エビ売り場で相当悩み、考え込み、休日のごった返すスーパーの中で周りの喧騒をものともせずに、ひとりだけ別空間にいるかのように散々悩みぬいた挙句にようやく意を決してお買い求めです!高級食材(?)エビ殿!


さて、エビを買う。


何尾必要だろうか?


パック詰めにされ綺麗に並べられたエビを見ると、どうやら1パック10尾入りらしい。

10尾・・・・・五人で分けるとひとり2尾。
ダメだダメだ・・・・それでは全く足りないだろう。

では10尾入りを2パック買うのか?
すぅとなーちゃんは2尾ずつでいいだろう。
わたしは4尾もあれば充分だ。
兄さんは・・・・兄さんも4尾ほどあればいいだろうか。
足りなければわたしのエビをやってもいい。
20尾買うと残りは8尾。
オットひとりに8尾?


多すぎやしないだろうか(-公- )
残りを冷凍するか?
いやいや、冷凍庫はいっぱいだ・・・・


ウーム(-公- )




ふと横を見ればばら売りのエビが置いてある。
トングで客自らがエビを掴み、備え付けの大きなビニール袋に入れるシステムらしい。


ヽ(´▽`)/
これだ!これにしよう。

なるべく大きそうなエビを選んでいけばお得感もいっぱいだ♪

い~ち、に~ぃ、さ~ん・・・・大きいの大きいの・・・・あ、これ大きそう!・・・っといくつまで入れたんだったっけ?もう一度数えなおす。
し~ぃ、ご~ぉ・・・・





じゅぅご~ぉ、じゅぅろ~く・・・・・

んん・・・何尾にするんだったっけ?
えーっとすぅとなーちゃんで4尾、わたしとてんきちをあわせて・・・・オットが・・・・

17尾にするか?いや、18尾にしよう。

もう一度ビニールの上から数えなおし、18尾きっちり入れる。





殺人的な混み具合のレジだった。
かなりの時間並び、ようやく順番が回ってきた。
レジのお姉さん、ガバっとエビの袋を持ち上げる。



「何尾ですか?(#`-_ゝ-)ピキ」



( ̄Д ̄;;ガーン もしや自己申告制ですかぃ!



そして気のせいだろうか、ちょ、ちょっと怒ってやしませんかぃ・・・(;´Д`)ノ

ああ、スミマセン、こんな忙しい時にばら売りのエビなどを買ってしまって(;´Д`)ノ

「あ、18尾です・・・・スミマセン



レジのお姉さんは数えないんだろうか?!
暇なときなら数えるんだろうか?!


もしわたしが悪い人だったらこれ・・・・





ってか、今、これ20尾くらい入れたでしょ!とか思われてないだろうか
il||li _| ̄|● il||li





複雑な心境で家に帰り、エビの下ごしらえをしながら気が付いた。



そうか。
10尾入りパックを1つと、残りをばら売りのエビにすればよかったのかil||li _| ̄|● il||li






今度からはそうします。



ってか今度が来るのは当分先です。
たぶんってか、間違いなく今年の夏はもうありません(;´Д`)ノ





滝のような汗をかきかき揚げ物をしつつ、そう心に誓う夕方だった。



テーマ:ご飯日記(写真付き) - ジャンル:日記

  1. 2006/07/09(日) 20:23:14|
  2. 食べ物についてあれこれ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。