母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記

毎日の晩御飯の記録と、出来事の記録。「てんきち母ちゃんちの毎日ごはん1~3」発売中ヽ(´▽`)/「オッサン弁当」の本、出ました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エレベーターの声

2007年2月19日(月)

本日2月19日月曜日の晩御飯(昨日は外食・・・中華だった。梅酒ロック→桂花陳酒ロック→杏露酒ロック、ここでオットストップが入ってしまったので泣く泣くおしまい)
*コンニャクのガーリックステーキ
*いきなりクリーム
茄子と豚バラのキムチーズ炒め
ひじきのベーコン炒め
*らっきょぽてさら
*味噌汁


す~ぅぐ感化される( ̄Д ̄;;


お昼ごはんに食べたミートソースのパスタやら、なんやらかんやら。
宿題に出されている「撮り直し」分だ。
作って撮って~作って撮って~と鼻歌交じりに実に楽しく作業しているのだが、ひとつだけ問題がある。
気が重くなるその理由とは、、、、、、



作りすぎil||li _| ̄|● il||li


明日あたりホームパーチーでもすれば作ったモノが綺麗に片付くだろうに、けどパーチーなどする予定は当然ない。
よってこれら全ては我が家の5人の胃に(もしかしたら半分くらいはわたしの胃かも)納められることになる運命にある(;´Д`)ノ




そんなわけで、是が非でもとにかく運動しなければならない母。
しかしわざわざ運動に出かけるわけでも運動の為の時間を割くわけでもなく、ただ普段よりちょっとだけ運動している気分になれるように・・・・






外出時には禁エレベーターと自分に課すことにしている。

行きはよいよい帰りは怖いよ買い物帰りの階段よ。


行きは2段飛ばしの勢いで降り、どうかするとのろのろしているすぅを腰のあたりで抱え持って降りたりしても平気だが、問題は帰りだ。

今日は右手に米5キロ、左手には特売のトイレットペーパー、そしてサラダ油の入った買い物袋(満タン)を持っていたにもかかわらず階段へ向かったわたし。

そんな無茶な行動を見て不満の声をあげたのはわたしの足腰ではなく、我が娘なーちゃんだった。

どうしてもどうしても階段は嫌だと言うil||li _| ̄|● il||li

すぅは母さんと上がるぅ~と既に階段を上りかけているのにも関わらず、なーちゃんは嫌だと言うil||li _| ̄|● il||li


「だって疲れたんだもん(゚Д゚)!
エレベーターがいい(゚Д゚)!

足が痛いもん(゚Д゚)!」




もーーーーーーっ!じゃあいいよっ!なーちゃん一人でエレベーターに乗りなよ。
それでもいいの?
一人でも乗れるの?



嫌だと言うだろうと思ったのに、なーちゃんは意外にも
「いい。なーちゃん一人で乗ってみる!」
とスタスタ行ってしまった。

エレベーター初一人乗りだ(゚Д゚)!!(ああ春には小学生になるというのにそんなこともしたことがないなんて、遅いともそうだろうとも)



そうとなれば何故か無性に競争心を掻き立てられた母。
エレベーターは1階で待機してないようだ。
よし!楽をしてエレベーターなんぞに乗っているなーちゃんよりも階段を使った母のほうが早かったぞと言ってやろう!!!!!!
なんとしてもエレベーターよりも先に上がり、エレベーターの扉の前で余裕の笑顔でなーちゃんを待ってやろう!!!!!!

我が家のある5階まで階段を上がることを決意。
ただ上がるだけじゃない。


駆け上がるのだ!!!!!!!

米持って。
トイレットペーパー持って。
サラダ油入りの買い物袋も持って。


途中のんびりと上がっていたすぅを無言で追い抜かし、必死に駆け上がった(かあさ~~~~ぁん、待ってよぉ~~~~・・・だんだん遠くになる声)。

まだ3階か・・・




くそぅ、もうそろそろ5階だろうと思ったらまだ4階か!

あと1階ッ!!!!!!!!






足はがくがく、息は絶え絶え。
はぁはぁはぁはぁぜぇぜぇぜぇぜぇ・・・・・・

待て!エレベーター!!!!!!!!!



あと5段、3段・・・2段・・・・ご、5階だッッッッッゼーゼーゼーゼーゼーハーハーハーハーハー
さ、酸素をくれぇ・・・
荷物を誰か持っ・・・・・・・


ぶっ倒れそうになったそのとき、聞き覚えのある高らかな笑い声が。


「アハハハハハハハ!
頑張れ母さん!

あーーーよかった!
母さん、来た来た!

でもなーちゃんのほうが早かったぁ~~~~~ヽ(´▽`)/」







il||li _| ̄|● il||li
ま、負けた・・・・・・・


廊下を歩けないほどに、いや声も出ないほどに疲労困憊していたので暫くそこで息を整え(そのうちすぅが追いついた)、なーちゃんに一人でエレベーターに乗った感想を聞いてみた。





「あのね、エレベーターね、なーちゃん一人しか乗ってなかったんだけどね、なんかね、怖かったの。

だってね、



エレベーターの人の声が(エレベーターガールではなく、もちろん機械の声だ)・・・・





《五階です(゚Д゚)!!!!!!!!!!》
って怖い声だったんだよ!


ほんっと嫌なエレベーターだった(;´Д`)ノ」





《五階です!!!!!!!!!!》
声色を使って低い声で言うなーちゃん。

(´∀`)アハハ/\/ \
相当ドキドキしたんだろうね。




関係ないけど母さんは明日は筋肉痛だわ間違いなく。

クリックありがとぅ↓
banner_02.gif


↓こちらも参加してます
レシピブログ

テーマ:ご飯日記(写真付き) - ジャンル:日記

  1. 2007/02/19(月) 20:15:06|
  2. 不思議少女なーちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。